「EPUB」の版間の差分

→‎3.0で仕様に追加されたもの: W3Cの状態を現行の物に変更
(Sigilの補足)
(→‎3.0で仕様に追加されたもの: W3Cの状態を現行の物に変更)
日本語組版の基本的な機能はカバーされていると言える。
; 縦組みと縦中横
: CSS3のWriting Modesモジュールを利用する({{Lang|en|WorkingCandidate DraftRecommendation}}の段階<ref>{{Cite web|editor=Elika J. Etemad, Koji Ishii|date=120 MayMarch 20122014|url=http://www.w3.org/TR/css3-writing-modes/|title=CSS Writing Modes Module Level 3|publisher=[[W3C]]|language=英語|accessdate=20122014-0807-0127}}</ref>)
; 圏点と禁則処理
: CSS3のTextモジュールにあるtext-emphasis-styleプロパティ等を利用する。({{Lang|en|Working Draft}}の段階<ref>{{Cite web|editor=Elika J. Etemad, Koji Ishii|date=19 January 2012|url=http://www.w3.org/TR/css3-text/|title=CSS Text Level 3|publisher=[[W3C]]|language=英語|accessdate=20122014-0807-0127}}</ref>)
; ルビ
: [[HTML5]]にあるruby要素を用いる。({{Lang|en|Last Call Working Draft}}の段階<ref>{{Cite web|editor=Elika J. Etemad, Koji Ishii|date=1917 JanuaryJune 20122014|url=http://www.w3.org/TR/html5/thetext-rubylevel-elementsemantics.html#the-ruby-element|title=HTML5|work=4.6.20 The ruby element|publisher=[[W3C]]|language=英語|accessdate=20122014-0807-0127}}</ref>)
 
CSSのWriting ModesモジュールとTextモジュールがW3C勧告になるまでに、構文も意味も変わる可能性がある。EPUBでは、-epub-プレフィックスをつけた構文を採用する<ref>{{Cite web|editor=Markus Gylling, William McCoy, Elika J. Etemad, Matt Garrish|date=11 October 2011|url=http://idpf.org/epub/30/spec/epub30-contentdocs.html#sec-css|title=EPUB Content Documents 3.0|work=3 EPUB Style Sheets|publisher=[[IDPF]]|language=英語|accessdate=2012-08-01}}</ref>ことによって、構文の不安定さを避けている。ただし、意味については最新版のW3C仕様に従うので変わる可能性がある。その最大のものは、縦書きのときどの文字が直立し、どの文字が寝るかである。
304

回編集