「清水元」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
父の平吉が経営する広告代理店・清水新報社での勤務を経て、[[1937年]]に[[村瀬幸子]]・[[北村喜八]]夫妻が創立した芸術小劇場に入団し、新劇俳優として舞台を踏む。戦時中は移動演劇隊に入り、戦後は劇団炎座の舞台に立った。[[1953年]]以降は映画俳優に専念し、以降はテレビドラマにも出演した。
 
映画デビューは[[1940年]]に公開された『田園交響楽』。戦後も[[菅井一郎]]らの第一協団に参加する傍ら、各社の映画に出演。[[1956年]]頃から[[大映]]の時代劇に多く出演した。がっちりとした体格で重厚な演技や悪役など幅広い役柄で活躍し、名脇役となった。また、[[黒澤明]]監督作品の常連でもあり、『[[野良犬 (1949年の映画)|野良犬]]』から『[[天国と地獄 (映画)|天国と地獄]]』まで8作品に出演しているが、『野良犬』外はチョイ役での出演である。テレビドラマでは『[[事件記者]]』で準レギュラー出演したほか、[[1966年]]の日本初のカラー特撮番組『[[マグマ大使]]』で、マグマ大使の生みの親・アース役で出演した。
 
[[1972年]]、[[胃癌]]のため死去。{{没年齢|1907|1|1|1972|12|20}}。映画の出演作品数は220本近くにのぼる。
匿名利用者