「ブランドン・リオス」の版間の差分

編集の要約なし
2013年11月23日、[[マカオ]]にある[[ザ・ベネチアン・マカオ]]内[[コタイ・アリーナ]]にて、WBOが新たに設立したWBOインターナショナル[[ウェルター級]]王座を賭け、元世界6階級制覇王者[[マニー・パッキャオ]]と対戦したが終始パッキャオにペースを握られ12回0-3(108-120、109-119、110-118)の大差判定負けを喫した<ref>[http://boxingnews.jp/news/8510/ パッキャオ、リオスに大差判定勝ち] Boxing News(ボクシングニュース) 2013年11月24日</ref>。リオスは「正直言って、パッキャオのパンチ力はほとんど感じなかったな。アルバラードのパンチのほうが強かったよ。パッキャオのスピードとやりにくさにやられちまったな。」と述べた<ref>{{cite web|url= http://www.boxingscene.com/brandon-rios-alvarado-stung-me-more-pacquiao--72064 |title= Brandon Rios: Alvarado Stung Me More Than Pacquiao |publisher= BoxingScene.com |date= 2013-11-25 |accessdate= 2014-01-03}}</ref>。試合後のドーピング薬物検査でリオスから興奮剤が検出され出場停止処分が課せられた<ref>{{cite web|url= http://sports.yahoo.com/blogs/boxing/brandon-rios-tests-positive-banned-substance-following-loss-002103876--box.html |title= Brandon Rios tests positive for banned substance following loss to Manny Pacquiao |publisher= Yahoo.Sports |date= 2013-12-13 |accessdate= 2014-01-03}}</ref>。薬物検査団体のVADAによって通常より厳しいドーピング薬物検査が行われていた。
 
[[2014年]]8月2日、[[ザ・コスモポリタン]]で元[[世界ボクシング協会|WBA]]世界[[ウェルター級]]王者[[ディエゴ・ガブリエル・チャベス]]とウェルター級契約10回戦を行う。しかし荒れた試合展開となり、3回にホールディングでチャベスが減点、5回に[[テイクダウン]]をしたとしてリオスが減点、8回にはリオスの顔に酷くグローブを押し付けたとしてチャベスから2度目の減点、9回にはプロレス技の[[DDT (プロレス技)|DDT]]のような状態で両者がマットへ倒れこ、ここでの減点は無かったが、それまでにもレフェリーは他にそれまでにバッティングやエルボーなどで再三両者に再三注意を与えていたことで、再び両者がもみ合ったところでチャべスの反則負けを宣言し、すっきりしない終わり方ながらもリオスは9回1分26秒反則勝ちを収め、2連敗の後の再起に成功した<ref>[http://boxingnews.jp/news/16254/ リオス不満残る反則勝ち、バルガス初防衛] Boxing News(ボクシングニュース) 2014年8月3日</ref>。試合終了時の採点は、チャベスが75-74で2者、リオスが75-74で1者と、1ポイントだがチャべスがリードしていた。なおシステムの不調が原因で入国ビザの発給が遅れたことでチャベスが試合2日前にアルゼンチンから15時間のフライトを経て試合2日前にようやくチャベスがアメリカ入りを果たすなど、試合前からドタバタがあっみられた<ref>{{cite web|url= http://espn.go.com/boxing/story/_/id/11302505/brandon-rios-beats-diego-chaves-welterweight-bout |title= Brandon Rios prevails by DQ |publisher= ESPN.com |date= 2014-08-03 |accessdate= 2014-08-03 }}</ref>。
 
== 獲得タイトル ==
6,041

回編集