「アメリカ合衆国の保守主義」の版間の差分

m
→‎保守主義の派閥: 漢字変換ミス修正
m (→‎保守主義の派閥: 漢字変換ミス修正)
21世紀のアメリカで、自分達を保守派と呼んでいる集団は以下の通りである。
* [[伝統保守主義]]、政府や社会制度における急激な変化に反対する者。この種の保守主義は目的(如何なる特別な政府形態)よりも手段(緩りとした変化)を強調する限り、反思想的なものである。伝統主義者にとって、右派のあるいは左派の政府に到達するかということは、変化が革命や急激な革新によってよりも法の規制によって行われるかということよりも重要ではない。
* キリスト教保守主義、保守的なキリスト教徒は主に家族の価値観について興味がある。典型的な姿勢としては、アメリカ合衆国がキリスト教徒の国として設立されたこと、人工中絶は悪いこと、学校では礼拝が行われるべきこと、結婚は一人の男と一人の女の間で行われるべきであり、同の間では行うべきではないこと、などがある。多くの者はメディアや映画での不敬表現や性的表現を攻撃している。
* 「小さな政府」保守主義、連邦政府の役割を減らすことを求めている。トーマス・ジェファーソンやジェームズ・マディスンの考え方に従い、強力な中央政府に懐疑的である。
* [[新保守主義]]、民主主義を世界に広げるために、より攻撃的で干渉主義の外交政策を支持する新しい保守主義の形態。国内では活動的な政府に寛容であるが、大半は国際事情に集中している。新保守主義は先ず不満を抱いたリベラル派集団によって謳われ、その知的な創設者とされることの多いアーヴィング・クリストルが、「現実に失望したリベラル派」として新保守主義を定義した。元々は国内政策へのアプローチと見なされていたが(クリストルが道具に使った定期刊行物「ザ・パブリック・インタレスト」は外交政策を扱っていなかった)、[[リチャード・チェイニー]]、ロバート・ケーガン、リチャード・パール、ケネス・エイデルマン、アービングの息子のビル・クリストル、などの人物の影響により、ジョージ・W・ブッシュ政権の外交政策に関わったことで有名になった。ブッシュ政権の2期の間に国内で最も著名で影響力のあった保守派は、その思想的な方向付けで「新保守主義」と考えられた<ref>[http://www.sourcewatch.org/index.php?title=Neo-conservatives/list "List of prominent neoconservatives,"] Sourcewatch.org.</ref>。
3,691

回編集