「篠脇城」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
 
 
'''篠脇城'''(しのわきじょう)は、[[岐阜県]][[郡上市]]にかつて存在した[[日本の城]]([[山城]]
== 概要 ==
この地域一帯を支配していた[[東氏]]が8代・約230年間にわたって居城とした。栗巣川左岸の標高約523メートルの[[篠脇山]]山頂にあり、北は牛道郷(現・郡上市[[白鳥町 (岐阜県)|白鳥町]])、北東は寒水(現・同市[[明宝村|明宝]])、東は小駄良(現・同市[[八幡町 (岐阜県)|八幡町]])にそれぞれ通じ、西には[[長良川]]がある要衝だった。