「鈴木靖民」の版間の差分

[[北海道]]生まれ。1964年國學院大學文学部史学科卒、69年同大学院文学研究科博士課程単位取得退学。國學院大學文学部助教授、教授、87年「古代対外関係史の研究」で國學院大學[[文学博士]]。2012年定年退任。[[横浜市歴史博物館]]館長。2013年『倭国史の展開と東アジア』で[[角川源義賞]]受賞。
 
古代国家形成を文化人類学の首長制社会論を発展させて提唱。(「倭国史の展開と東アジア 岩波書店 2012年 あとがき)そもそも、「石母田正氏の提起した在地首長制論を継承する同学の方々が独自の解釈を展開したのとは逆に、そのもとを探って米欧の研究に深入りした」(同書 あとがき)結果である。
また、「前方後円墳の巨大化は、基本的に共同体の代表としての継承資格を継承儀礼により獲得したことを、共同体成員に対してより明確に示すためになされたものであろう」(同書 第13章 P.347)と、独自の古代国家形成論から、一部の考古学者が主張する初期国家体制論を否定している。
 
122

回編集