「ピクセル」の版間の差分

編集の要約なし
{{main|アンチエイリアス}}
コンピュータで扱う画像ではピクセル単位より細かく描画することはできない。このため、物体の輪郭に[[ジャギー]]と呼ばれるギザギザが発生してしまう。このジャギーを軽減するために、物体の輪郭を背景と融合するように、色を滑らかに変化させることを[[アンチエイリアス]]<ref>{{lang-en-short|anti-alias}}</ref>といい、その処理をアンチエイリアシングという。アンチエイリアスをかけると輪郭がぼやけてしまうため、ビットマップ[[フォント]]などではアンチエイリアス処理(アンチエイリアシング)は行われないことが多い。アンチエイリアス処理に前述の[[アルファチャンネル]]が利用されることもある。
 
== メガピクセル ==
メガピクセル({{lang-en|Megapixel}})は、万単位のピクセルを示す単位として用いられる。1メガピクセルは100万画素である。主に[[デジタルカメラ]]の性能指標として用いられる場合が多い。しかし[[日本]]ではあまり用いられておらず、数字を大きく見せるために「1000万'''画素'''」などと表現される事が多い。
 
==脚注==