「自動車事故対策機構」の版間の差分

m
編集の要約なし
タグ: モバイル編集
m
'''独立行政法人自動車事故対策機構'''(じどうしゃじこたいさくきこう、英文表記:'''National:National Agency for Automotive Safety & Victims' Aid''')とAid)は、[[自動車事故]]の発生防止及びその[[被害者]]への援護を主な目的とした[[国土交通省]]所管の[[独立行政法人]]である。その運営形態、業務範囲などは'''[[独立行政法人自動車事故対策機構法''']]によって定められている。 略称は'''NASVA'''(ナスバと発音)。本部は[[東京都]][[墨田区]]にあり、国の特殊法人自動車事故対策センターの業務を承継して[[2003年]]に設立された。
略称は'''NASVA'''(ナスバと発音)。本部は[[東京都]][[墨田区]]にあり、国の特殊法人自動車事故対策センターの業務を承継して[[2003年]]に設立された。
 
== 概要 ==
* 防ぐ:事故の防止のために、各種講習を実施
* 支える:事故被害者の支援のために、各種資金提供及び療護施設を設置運営
前身は、[[1973年]]に政府出資の特殊法人として発足した'''自動車事故対策センター'''である。1960年代後半から70年代前半は[[交通戦争]]とも呼ばれるほどに交通事故と事故による死傷者が急増し、1971年には交通事故による死亡者が16,000人を超える事態となった。そこで同年、[[交通安全対策基本法]]が制定され、対策にり組むこととなった。[[1971年]]に[[第1次交通安全基本計画]]が作成され、[[1973年]]に自動車事故の発生防止及び被害者保護を目的として同センターが設立された。
 
その後、独立行政法人制度の導入により、[[2003年]]に同センターの事業を承継して独立行政法人自動車事故対策機構として発足した。
697

回編集