「上杉房実」の版間の差分

誤字訂正他
(誤字訂正他)
'''上杉 房実'''(うえすぎ ふさざね、[[嘉吉]]3年([[1443年]]){{要出典|date=2014年7月}} - [[永正]]5年([[1508年]]){{要出典|date=2014年7月}}?)は、[[室町時代]]の武将、[[連歌]]作者。名は'''上条房実'''ともいう。[[上杉氏]]一族で[[上杉氏#越後守護上杉家|越後上杉家]]の分家である[[上条上杉家]]出身。[[上杉清方]]の子で、[[上杉房定|房定]]の弟。[[上杉定実]](後に[[越後国|越後]][[守護]]、但し定実の実父については異説あり)、[[上条定明]]、[[積翠院]]([[伊達尚宗]]室)、[[上条定憲]]らの父(但し、定憲は孫であるともされる)。官位は[[淡路国|淡路]][[国司|守]]。号は蓮器、朝日寺。法号玄澄。
 
「天文上杉・長尾系図」では刈羽郡上条の地を治める上条上杉家を継いだとされるが確証はない<ref>明応5年([[1496年]])閏2月に発給された[[足利義稙]][[御内書]]の宛名に「上杉播磨入道」とあり、[[長禄]]4年([[1460年]])、上杉房定の注進により[[足利義政]]から戦功を褒賞された「上杉播磨守」と同一人物と推定されている。その[[官途]]から[[享禄]]・[[天文 (元号)|天文]]期の上条家当主・[[上条定憲]]の近親者と思われ、[[家永遵嗣]]は明応3年([[1494年]])の房定の死去後、長享2年([[1488年]])に[[元服]]したばかりの若き守護[[上杉房能]]を[[長尾能景]]とともに補佐した人物としている(家永遵嗣「明応二年の政変と北条早雲の人脈」『成城大学短期大学部紀要』27、1996年)。家永はこの「上杉播磨入道」を房実に比定しているが、森田真一や[[黒田基樹]]は「浅羽本上杉系図」で房実の長兄とされている上杉定顕に比定し、上条家の家督は定顕が継いだとしている(森田真一「上条上杉定憲と享禄・天文の乱」『新潟史学』第46号、2001年・「戦国の動乱」『笹神村史 通史編』中世第四章、笹神村、2004年)(黒田基樹「上杉清方の基礎的研究」黒田編著『シリーズ・中世関東武士の研究 第一一巻 関東管領上杉氏』、戒光祥出版、2013年)。一方『上越市史 通史編2 中世』で、片桐昭彦は系図類に見える定顕の官途は兵庫介、兵庫頭であり、上条上杉氏には系図に見られない人物が多いことも含め、検討の余地があるとしている。(『上越市史 通史編2 中世』243頁)</ref>。
[[室町幕府|幕府]]の信頼厚く、東国の要として活躍した房定の守護時代には[[京都|京]]より多くの文化人や[[公家]]たちが越後を訪れ、越後の文化はいに発展した。房実も連歌を嗜み、[[長享]]2年([[1488年]])越後を訪れた[[万里集九]]を迎えて詩歌の会を催している。[[明応]]4年([[1495年]])に成立した[[新撰菟玖波集]]には玄澄法師の名で6句入集している<ref>『新撰莵玖波集作者部類』</ref>。また尊応流、二楽流の流れをくむ能書家として「筆跡流儀系図」「流儀集」「古筆流儀別」に名が挙げられている<ref>[[小松茂美]]『日本書流全史』第一巻、講談社、1970年</ref>。
 
== 脚注 ==
318

回編集