「伏見街道」の版間の差分

編集の要約なし
(伏見宿曖昧さ回避)
'''伏見街道'''(ふしみかいどう)は、最初は[[豊臣秀吉]]が[[伏見]](藤森)と[[京都]](五条)の間に造った[[街道]]。後に[[江戸幕府東福寺]]が[[参勤交代]]の西国大名と[[朝廷]]との接触を嫌い[[東海道]]の[[大津宿]]と[[京街道]]の[[伏見宿 (京街道)|伏見宿稲荷大社]]間に京都を通らず[[山科盆地]]を抜けて造った街道をり、伏見街道と呼ぶに到る現在は[[追分京阪本線]]は東海道からの分岐点であがほぼ並行している。
 
途中の藤森付近で'''大津街道'''と分岐している。
 
== 大津街道 ==
[[江戸幕府]]が[[参勤交代]]の西国大名と[[朝廷]]との接触を嫌い、[[東海道]]の[[大津宿]]と[[京街道]]の[[伏見宿 (京街道)|伏見宿]]との間に京都を通らず、追分から[[山科盆地]]を南下し、[[勧修寺]]から[[伏見稲荷大社|稲荷山]]の南麓・深草大亀谷に抜ける街道をつくった。現在の[[滋賀県道・京都府道35号大津淀線]]である。
 
[[Category:街道|ふしみ]]