メインメニューを開く

差分

HE-AAC

27 バイト除去, 3 年前
m
編集の要約なし
'''HE-AAC''' ('''High-Efficiency Advanced Audio Coding''') は、[[オーディオ]]の[[圧縮]][[符号化]]の[[国際標準]]化方式である[[MPEG-4]] [[AAC]]の拡張仕様であり、[[MPEG-4]] Audio (ISO/IEC 14496-3)においてAACバージョン3として標準化された。HE-AAC が[[2003年]]に、HE-AAC v2 が[[2006年]]に制定された。'''MPEG-4 AAC Plus SBR'''や、Coding Technologiesの登録商標である'''aacPlus'''、'''AAC+'''などの名称でも呼ばれている
 
== 概要 ==
HE-AAC では、Coding Technologiesが[[mp3PRO]]で採用している [[Spectral Band Replication]](SBR)技術をAACに組み込むことにより、再生帯域を拡大して主に低[[ビットレート]](128kbps以下<ref name="trev_305-moser"/>)での音質([[圧縮効率]])を大幅に向上させている。これによりHE-AACは、'''MPEG-4 AAC Plus SBR'''や、Coding Technologiesの登録商標である'''aacPlus'''、'''AAC+'''などの名称でも呼ばれている。
 
HE-AAC v2 では、さらなる低ビットレート (48kbps以下<ref name="trev_305-moser"/>)で音質を改善している。'''aacPlus v2''' や '''eAAC+''' といった商標名で呼ばれることもある。
1,555

回編集