「決闘」の版間の差分

中世までは介添人は武器を持っていた。このため、決闘が白熱すると介添人も含む4名の乱闘となり、多数の死者が出ることもあった。近世以降、介添人は立会人となり、武器の携帯は禁じられるようになった。
 
記録に残る最初期の決闘は、[[棍棒]]と[[盾]]で行うものと決まっていたが、時代により、また場所により、武器や武装はさまざまである。中世は剣は武器が変、近世以降は[[拳銃]]でも行われた。武器が選べる時代は、通常、最初に侮辱を受けた側が武器を選ぶ権利を持つ。武器は同一のものが2つ用意されるのが普通である。
 
時代によっては、どちらか一方が死ぬまで戦闘が続けられた。敗者がその場で処刑された時代もある。
戦闘は申し込んだ者と申し込まれた者が行うが、病人と女性、年少者は代闘士(チャンピオン)を立てることができた。職業として代闘士があった時代がある。時代が下ると、聖職者、老人なども代闘士を立てることができるようになり、13世紀ごろを境目にどのような人物でも何らかの理由で代闘士を立てることが認められるようになった。
 
封建時代の日本において、主に[[武士]]階級が行った決闘はヨーロッパの作法と幾分異なる部分がある。正式な決闘の場合は、日時と場所を記した「果たし状」を送るが、突発的な理由の場合は、武士は常に刀を携帯している関係上、刀を抜くことが挑戦であり、それに応じて相手が刀を抜けば決闘の受諾となり、そのまま決闘が始まることになる。
 
[[江戸時代]]の決闘は領主の警察権の対象であり、果し合いは領域を統治する大名勢力から見れば自領内で起こった乱闘・殺人事件であり刑事罰の対象とされた。有名な[[巌流島]]の決闘の場合では、豊前と長門の間の「ひく嶋」を果し合いの場所に選んでおり、これは大名側(細川・毛利)の統治範囲の曖昧な無人島であったからと推測されている<ref>「異説「巌流島」」吉村豊雄(文学部教授、熊本大学附属図書館報 2002.10)[http://www.lib.kumamoto-u.ac.jp/sites/default/files/no34.pdf]</ref>。決闘の結末は理非をもって裁断され[[喧嘩両成敗]]とはならないのが通常であったが、しばしば[[敵討]]騒動の原因となった。
89

回編集