「美濃白鳥駅」の版間の差分

些末。出典なし。
(些末。出典なし。)
タグ: コメントアウト
|備考 = [[有人駅|駅員配置駅]]
}}
[[ファイル:Minosirotorista.JPG|thumb|200px|right|駅構内の様子(北濃方向を見る)]]
[[ファイル:美濃白鳥駅構内.JPG|thumb|200px|right|駅構内(美濃太田方向を見る]]
[[ファイル:Minosirotorista2.JPG|thumb|200px|right|駅北側から見た駅の様子構内]]
[[File:Sirotoriekimae1.jpg|thumb|200px|right|駅前]]
'''美濃白鳥駅'''(みのしろとりえき)は、[[岐阜県]][[郡上市]]白鳥町白鳥字大栗にある[[長良川鉄道]][[長良川鉄道越美南線|越美南線]]の[[鉄道駅|駅]]である。
 
この駅は[[市町村合併|平成の大合併]]により郡上市が誕生する前に存在していた、郡上地域で第2の町・旧[[白鳥町 (岐阜県)|白鳥町]]の代表駅で、駅周辺にはその中心街が広がっている。またこの駅は[[長良川鉄道越美南線|長良川鉄道]]の運転上重要な役割を果たしており[[美濃太田駅]]方面から来た列車の約半数がこの駅で折り返しとなっている。{{要出典範囲|写真にもある[[フォント|毛筆体]]の駅看板は国鉄時代から続くものである。(但し、2008/07/13の時点で、駅看板は外されており、2012/8/31現在は、岐阜清流国体の看板が設置されている)|date=2014年12月}}
 
== 歴史 ==
*[[1933年]](昭和8年)
**[[7月5日]] - [[日本国有鉄道|国有鉄道]]越美南線 美濃弥富駅(現・郡上大和駅) - 当駅間開通と同時に開業し、旅客および貨物の取扱を開始する
** [[8月1日]] - 省営自動車「白城線」の美濃白鳥 - 牧戸間が開業する<ref>[http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1234531/29 『全国乗合自動車総覧』] - 国立国会図書館近代デジタルライブラリー</ref><ref>[http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2958444/10 「鉄道省告示第341号」『官報』1933年7月28日] - 国立国会図書館デジタルコレクション</ref>。
*[[1934年]](昭和9年)[[8月16日]] - 当駅 - 北濃駅間が延伸開業する
*[[1974年]](昭和49年)[[10月1日]] - 貨物の取扱を廃止する
*[[1986年]](昭和61年)[[12月11日]] - 国鉄越美南線の長良川鉄道への転換により同社の駅となる。
 
== 駅構造 ==
[[プラットホーム#分類|相対式ホーム]]2面2線を持ち列車同士の行き違いが可能な[[地上駅]]であるが、列車交換がなければ方面に関係なく、1番線発着。当駅は先述したように越美南線の運転上重要な役割を果たしており構内は広く側線および車庫があり、[[夜間滞泊]]が設定されている。
 
[[跨線橋]]はなく、ホーム間は構内踏切で連絡している。駅舎から遠い方のホームには長良川鉄道への転換後[[ログハウス]]風の小さな待合所が設けられたが、現在はのちに解体されて無い
 
当駅で閉塞方式が変わり、[[北濃駅]]までは[[閉塞 (鉄道)#スタフ閉塞式|スタフ閉塞式]]であるため当駅から北濃駅方面へは一列車しか入ることが出来ない。当駅から北濃駅方面へ発車する列車には[[閉塞 (鉄道)#閉塞のための装置|スタフ]]が手渡される。
 
[[駅舎]]は国鉄時代からのもので木造平屋建てである。駅舎にははざねこのこチャレンジショップという個人で日替わり出店できる売店が設けられているほか[[めぐみの農業協同組合|JAめぐみの]]の営業所も入っている。長良川鉄道の[[鉄道駅#直営駅|社員配置駅]]で切符が販売されているだけでなくほか、[[自動券売機]]一台の設置がある。
 
また、北濃駅の硬券入場券は当駅で販売されている。
=== のりば ===
{| border="1" cellspacing="0" cellpadding="3" frame="hsides" rules="rows"
|'''1'''
|{{color|blue|■}}越美南線
|[[北濃駅|北濃]]・[[郡上八幡駅|郡上八幡]]・[[美濃市駅|美濃市]]・[[美濃太田駅|美濃太田]] 方面
|-
|'''2'''
|{{color|blue|■}}越美南線
|[[北濃駅|北濃]][[郡上八幡駅|郡上八幡]][[美濃市駅|美濃市]][[美濃太田駅|美濃太田]] 方面
|}
 
駅の南西1[[キロメートル]]、長良川の対岸には[[油坂峠道路]]の[[白鳥西インターチェンジ]]があり、一般道の[[国道158号]]とともにここから[[福井県]][[大野市]]に抜けることが可能である。当駅と[[西日本旅客鉄道|JR西日本]][[越美北線]][[九頭竜湖駅]]との間では[[国鉄バス]][[大野線]]が運行されていたが、[[ジェイアール東海バス|JR東海バス]]への承継後、[[2002年]][[9月30日]]に廃止された。九頭竜湖駅までは約30kmあり、タクシーで移動すると10,000円程度の運賃となる。また駅の南東1.5キロメートルほどのところには[[東海北陸自動車道]]の[[白鳥インターチェンジ]]があるが、こちらへは[[大島駅 (岐阜県)|大島駅]]からのほうが距離は近い。
 
=== 主な施設 ===
*[[岐阜県立郡上北高等学校]]
;名勝・旧跡など
*来通寺
 
;公共施設など
*白鳥ふれあい創造館
*:駅の北東にあり直線距離でおよそ100メートルほどの距離である。[[図書館]]や白鳥地域教育事務所が入居している。
*郡上市役所白鳥中学校庁舎(旧 [[白鳥町 (岐阜県)|白鳥町]]役場)
*白鳥文化ホール( 白鳥社会福祉センター)
*[[郡上市国保白鳥病院]]
*白鳥郵便局 - [[白鳥おどり]]にちなんだ[[風景印]]を配備している。
*郡上市役所白鳥庁舎(旧[[白鳥町 (岐阜県)|白鳥町]]役場)
*白鳥文化ホール(旧白鳥社会福祉センター)
*白鳥体育館
*郡上北消防署
*[[郡上市国保白鳥病院]]
*[[郡上警察署]]白鳥交番
*[[郡上市合併記念公園]]
 
;文教施設など
*[[岐阜県立郡上北高等学校]]
*郡上市立白鳥中学校
*郡上市立白鳥小学校
*白鳥保育園
 
*来通寺
;金融機関など
*[[郡上警察署]]白鳥交番
*白鳥郵便局 - [[白鳥おどり]]にちなんだ[[風景印]]をている。
*[[十六銀行]]白鳥支店
*[[大垣共立銀行]]白鳥支店
 
;その他
*美人の湯しろとり
<!--*[[バロー]]白鳥店
*[[郡上市合併記念公園]]
*[[バロー]]白鳥店
*[[中部薬品|V・drug]]白鳥中央店
-->*[[岐阜県道317号剣大間見白鳥線]]
 
==バス路線バス==
''※[[美濃白鳥駅バスターミナル]]を参照。''
 
== 歴史 ==
*[[1933年]](昭和8年)
**[[7月5日]] - [[日本国有鉄道|国有鉄道]]越美南線 美濃弥富駅(現・郡上大和駅) - 当駅間開通と同時に開業。旅客及び貨物の取扱を開始。
** [[8月1日]] - 省営自動車「白城線」の美濃白鳥 - 牧戸間が開業する<ref>[http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1234531/29 『全国乗合自動車総覧』](国立国会図書館近代デジタルライブラリー)</ref><ref>[http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2958444/10 「鉄道省告示第341号」『官報』1933年7月28日](国立国会図書館デジタルコレクション)</ref>。
*[[1934年]](昭和9年)[[8月16日]] - 当駅 - 北濃駅間が延伸開業。
*[[1974年]](昭和49年)[[10月1日]] - 貨物の取扱を廃止。
*[[1986年]](昭和61年)[[12月11日]] - 国鉄越美南線の長良川鉄道への転換により同社の駅となる。
 
== 隣の駅 ==
 
== 外部リンク ==
*[http://watchizu.gsi.go.jp/ 国土地理院地図閲覧サービス] - [http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?latitude=35.88534167&longitude=136.8607361 美濃白鳥駅周辺の1/25000地形図] - [http://watchizu.gsi.go.jp/ 国土地理院地図閲覧サービス]
 
{{長良川鉄道越美南線}}
匿名利用者