メインメニューを開く

差分

→‎概要: +See also
 
== 概要 ==
{{See also|ハル・ノート#提示までの経緯}}
[[日本陸軍]]の[[中国大陸]]撤退条件に、[[満州国]]の承認、日米通商関係の正常化などの交渉が、[[野村吉三郎]]駐アメリカ大使と[[コーデル・ハル]][[アメリカ合衆国国務長官|国務長官]]との間で始められていた。しかし、訪独の帰途の際、[[日ソ中立条約]]を締結した[[松岡洋右]][[外務大臣 (日本)|外務大臣]]が日本の対中政策の全面承認を主張したために交渉は難航した。さらに、1941年7月28日に日本軍はフランスの[[ヴィシー政権]]の承諾を得た上で[[仏印進駐|南部仏印進駐]]を行ったが、8月1日にはルーズベルト大統領は石油禁輸措置等の日本に対する経済制裁を発動した。その後、交渉は再開されて日本は[[近衛文麿]]総理大臣と[[フランクリン・ルーズベルト]]大統領との日米首脳会談([[アラスカ州]][[ジュノー (アラスカ州)|ジュノー]])を申し込んだが、ハル国務長官の反対のために立ち消えとなった。[[1941年]]11月26日には[[ハル・ノート]]が手渡されたことによって再び交渉は決裂し、同年[[12月8日]](ハワイ現地時間[[12月7日]])には[[真珠湾攻撃]]が行われて[[太平洋戦争]]が開戦した。
 
21,202

回編集