「ブランドン・リオス」の版間の差分

編集の要約なし
2011年7月9日、[[カリフォルニア州]]の[[スタブハブ・センター#テニスコート|ホーム・デポ・センター・テニスコート]]で、ウルバノ・アンティロン([[メキシコ]])と戦い、3回2分39秒TKO勝利で初防衛に成功した。
 
2011年12月3日、[[マディソン・スクエア・ガーデン]]にて[[ミゲール・コット]]対[[アントニオ・マルガリート]]の前座で[[ジョン・マレー (ボクサー)|ジョン・マレー]]([[イギリス]])との防衛戦を行うはずだったが前日計量で[[体重超過]]のために王座を剥奪された<ref>{{Cite web|url=http://latimesblogs.latimes.com/sports_blog/2011/12/brandon-rios-wba-lightwight-belt-stripped.html|title=Brandon Rios of Oxnard has WBA lightwight belt stripped|date=2011年12月2日|publisher=[[ロサンゼルス・タイムズ]]|language=英語|accessdate=2012年1月11日}}</ref>、試合には11回TKOで勝利した<ref>{{Cite web|url=http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/boxing/16021806.stm
|title=John Murray loses world title fight to Brandon Rios|date=2011年12月4日|publisher=[[BBCスポーツ]]|language=英語|accessdate=2012年1月11日}}</ref>。
 
匿名利用者