「デーン人」の版間の差分

編集の要約なし
m
[[1013年]]、デンマーク王の[[スヴェン1世 (デンマーク王)|スヴェン王]]が[[イングランド王国|イングランド]]王になる。[[1016年]]、スヴェンの子[[クヌーズ1世 (デンマーク王)|カヌート大王]]がイングランド王に即位。後にデンマーク王、[[ノルウェー]]王にも即位し、[[北海帝国]]を築き上げた。カヌート大王の死後、帝国は崩壊、多くのデーン人は現在のデンマークに留まり、海外へ移住したデーン人は、その地の民族に[[同化]]していった。
 
デンマーク人中世まで先祖となる集団であるが、デーン人の民族概念国家は、現在のデンマーク人は異なる。それは民族的なものではなく、一種の政治的な[[共同体]]であった。つまり異民族であっても、デンマーク王に従属して、その統率下に入ればデーン人と呼ばれていたのである。[[近代]]に入ると[[国民国家]]成立と共にデンマークような人々が一種政治的な[[ナショナリズム共同体]]も高まを形作たが、それはすでにデーン人の国家ではなく、「デンマーク人」としの国家であった。
 
[[近代]]に入ると、[[国民国家]]の成立と共にデンマークの[[ナショナリズム]]・民族意識が高まり、今日のような「デンマーク人」としての国家となった。
<!--デンマーク人の先祖となる集団であるが、デーン人の民族概念は、現在のデンマーク人とは異なる。それは民族的なものではなく、一種の政治的な[[共同体]]であった。
つまり異民族であっても、デンマーク王に従属して、その統率下に入ればデーン人と呼ばれていたのである。-->
 
== 関連項目 ==
6,908

回編集