「デイリー・メール」の版間の差分

編集の要約なし
現在の発行部数は200万部を超える。日刊紙として世界12位、英字紙としては世界最大規模の新聞のひとつとなっている。
 
デイリー・メールは、[[ノースクリフ子爵アルフレッド・ハームズワース|アルフレッド・ハームズワース]](後に授爵されてノースクリフ子爵)と{{仮リンク|[[ハロルド・ハームズワース|en|Harold Harmsworth, 1st Viscount Rothermere}}(初代ロザミア子爵)|ハロルド・ハームズワース]](同じくロザーメ子爵)の兄弟によって、[[1896年]]5月4日に一般紙とは一線を画す新聞として創刊された。内容を大衆向きなものとし、記事も短く分かりやすくした。また他の日刊紙が軒並み1ペニーだったなか、デイリー・メールは1/2ペニーとした。そのため同紙は創刊早々に大きな成功を収め、間もなく発行部数は50万部を突破した。
 
<!-- 以下未チェック -->