「マイヨ・ロホ」の版間の差分

編集の要約なし
m (Kovayashi がページ「マイヨ・オロ」をリダイレクトの「マイヨ・ロホ」に移動しました: 2010年からデザインと名称が変更されており、古い名前を保持する必要がないと判断。)
[[ファイル:Denis Menchov 2.jpg|right|thumb|300px|[[ブエルタ・ア・エスパーニャ2007|2007年のブエルタ・ア・エスパーニャ]]にてマイヨ・オロを着用した[[デニス・メンショフ]]。]]
'''マイヨ・''' ('''maillot ororojo''') は、[[ロードレース (自転車競技)|自転車ロードレース]]・[[ブエルタ・ア・エスパーニャ]]において、個人総合成績1位の選手に与えられる色の[[リーダージャージ]]である。20102009年以色のジャージ'''マイヨ・''' ('''maillot rojooro''')とな であった<ref>[{{Cite web|url=http://www.trekbikes.cocyclowired.jp/news/detail.php?eidnode/40678|title=00314 クリストファ2つのジャ・ホーナ―がマジデザヨ・ロホに返り咲き]ンが変更 - [[TREK]]総合は赤色2014年4月28日閲覧。山岳は水玉模様に|date=2010-08-27|accessdate=2015-03-25|publisher=cyclowired}}</ref>。各ステージの所要時間を加算し、その合計が最も少なかった選手がマイヨ・着用の権利を得る。最終ステージの終了時点でマイヨ・着用の権利をもっている選手がブエルタの総合優勝者となる。
 
日本ではこの呼び方が一般的ではあるが、[[スペイン語版ウィキペディア]]では'''[[:es:Jersey oro|Jersey oro]]'''(ヘルセイ・オロ)、'''[[:es:Jersey rojo|Jersey rojo]]'''(ヘルセイ・ロホ)とされている(maillot<ref group="注">マイヨ (maillot) はフランス語なのあるため、「マイヨ・ロホ」は仏西混合になっていの呼び方であ。</ref>
 
== 歴代の色 ==
当初の色はヘルセイ・ナランハ(Jersey (Jersey Naranja=オレンジ色) 、その後何度も色を変え、1955年-1976年と1978年-1998年の合計41年間ヘルセイ・アマリーニョ(Jersey (Jersey Amarillo=黄色ジャージ) となったのが最長。
 
{| class="wikitable"
三つの[[グランツール]]のうち、唯一開催初年度の1935年から用意され、そのステージ1で初めて袖を通したのは[[:es:Antoine Dignef]]、そして最後にこれを着て表彰台に登ったのは[[フスターフ・デロール]]である。
 
== 出典脚注 ==
=== 注釈 ===
<references group="注"/>
 
=== 出典 ===
<references/>
 
7,103

回編集