メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
[[2012年]]の[[第46回衆議院議員総選挙|総選挙]]では太田が青木を大差で破り返り咲いたが、選挙前に民主を離党し[[日本未来の党]]に参加していた青木も比例東京ブロックで復活当選した。
 
[[2014年]]の[[第47回衆議院議員総選挙|総選挙]]では前回出馬の太田、青木、池内の他に元[[航空幕僚長]]の[[田母神俊雄]]が[[次世代の党]]より出馬。この選挙ではやや2万票以上得票数を減らしたものの太田が再選した。[[日本共産党]]の[[池内沙織]]は安倍政権への全面対決を掲げてやや得票数を伸ばし、共産党が獲得議席数を増やした比例東京ブロックで復活当選した。[[生活の党と山本太郎となかまたち|生活の党]]に参加した青木は得票数を減らし、生活の党比例東京ブロックで議席を獲得できず比例復活もならず議席を失った。田母神は公明党並びに太田への批判を展開し、公明党に批判的な[[保守]]層への浸透を図ったが最下位で落選し、次世代の党は比例東京ブロックで議席を獲得できず[[比例復活]]もならなかった。
 
== 小選挙区選出議員 ==
|5落選者比例重複 = ○
}}
* 和田は[[1997年東京都議会議員選挙|1997年の東京都議会選挙]]に立候補して当選し都議となった(通算3期)
 
== 脚注・出典 ==