「社交不安障害」の版間の差分

 
== 概要 ==
人から注目を集める場面において、誰しも不安を感じることがあり、それを[[あがり症]]と呼んだり、特にあがりやすい人を[[シャイ]]と呼んだりする。しかし、それが原因で日常生活に支障をきたすようなことはなく、通常はそういった場面に慣れるうちにあがりにくくなるものであり、身体的な症状はあまり発現しない。
 
これに対して社交不安障害は、対人場面で過剰な不安や緊張が誘発されるあまり、動悸・震え・吐き気・赤面・発汗などの身体症状が強く発現し、そういった場面にはなかなか慣れないため、対人関係がうまく築けず集団の中で孤立してしまったり、たとえしなければならないことであっても、対人場面を次第に避けるようになり、日常生活に多大な影響を及ぼす点が異なる。
 
== 主な症状 ==
社交不安障害は単なる内気や恥ずかしがり屋といった性格の問題ではなく、[[精神科]]などの医療機関での治療を必要とする精神疾患である。
 
治療としては、精神科において薬物療法および精神療法を併用またはどちらか単独で行われる。薬物療法では[[選択的セロトニン再取り込み阻害薬|SSRI]]を使った治療が効果的であるといわれている。精神療法では[[認知行動療法]]などが有効でSSRIと同等の効果があるといわれている。
 
== 脚注・出典 ==
* {{Mpedia|英語版記事名=Social_Phobia|英語版タイトル=Social Phobia}}
* [http://www.sad-net.jp/index.html SAD NET 社会不安障害・社交不安障害総合情報サイト](提供・[[アボットジャパン]]および[[Meiji Seika ファルマ]])
* {{脳科学辞典|社交不安症}}
 
{{medical-stub}}
15,420

回編集