「自主規制」の版間の差分

* 業界団体からのメーカーの脱退が相次いだり、業界団体非加盟の後発メーカーが乱立する
* 業界団体の内紛や業界関係者の対立などから審査を行う業界団体が分裂・並立し、相互に加盟メーカー獲得を競って規制の箍が緩められる
* そもそも自主規制の影響を受けない輸入品との兼ね合い
** 国内の基準の制約を受けない海外メーカーの製品を、業界団体非加盟の商社や小売店が並行輸入の形で国内に持ち込んで独自の流通経路で販売する
** 自主規制の影響を受けない輸入品と受ける国産品との格差が出現することによる不平・不満が出てくる
* 表現物の場合には販売競争の激化により、規制対象の表現が過激化の一途を辿る
* この様な既存団体にとっては「基準不適格」の製品が、メーカー直販の[[通信販売]]など既存流通とは全く異なる販路から流通する
匿名利用者