「ベスレヘム・スチール」の版間の差分

歴史に関する追加、修正
(歴史に関する追加、修正)
[[ファイル:Bethlehemsteel.jpg|thumb|325px|right|[[ペンシルベニア州]][[ベスレヘム (ペンシルベニア州)|ベスレヘム]]のベスレヘム・スチール基幹生産設備]]
'''ベスレヘム・スチール''' ('''Bethlehem Steel Corporation''', [[1857年]] - [[2003年]]) は、[[アメリカ合衆国]]の[[製鋼]]会社。[[ペンシルベニア州]][[ベスレヘム (ペンシルベニア州)|ベスレヘム]]に所在した。かつては[[USスチール]]に次ぐ規模を持っていたが、2001年に破綻、分割され、2003年に[[インターナショナル・スチール・グループ]](''International Steel Group, ISG'')に売却された。2005年にISGは[[ミッタル・スチール]]と合併した。
 
その操業期間中、ベスレヘム・スチールは世界で最大の造船会社の内の一つで、アメリカの工業生産における最も強力なシンボルの一つであった、
 
== 歴史 ==
1857年4月8日 ペンシルベニア州サウス・ベスレヘムで'''サウコナ製鉄所''' (''Saucona Iron WorksCompany'') としがAugustus Wolleによって創業する。1861年5月1日に社名を'''ベスレヘム製鉄所''' (''Bethlehem Iron Works'') と改名した。1860年7月15日に[[アルフレッド・ハント]]が重役会で社長に選任される。会社は創業初期に[[アメリカ海軍]]向けの鉄道[[レール]]や装甲板を生産した。1899年に社名を'''ベスレヘム・スチール会社''' (''Bethlehem Steel Company'') と改名した。
 
1859年 社名をBethlehem Rolling Mill and Iron Companyに改名した。
1904年、オンライン証券取引でよく知られるチャールズシュワブ証券創業者の[[チャールズ・M・シュワブ]]と、[[ウォートン・スクール]]創設者である[[ジョセフ・ウォートン]]がベスレヘム・スチールを創設し、シュワブが初代社長および重役会議長に就任した。
 
1860年7月15日 [[アルフレッド・ハント]] (''Alfred Hunt'') が重役会で社長に選任された。
ベスレヘム・スチールは革命的な新型圧延機を導入し、アメリカで初のフランジの広い構造材を生産し、アメリカ工業界で特筆すべき発展を成し遂げた。これらの構造材は超高層ビル時代の到来を告げ、ベスレヘム・スチールを建設産業界への主要な鋼材供給源として確立させた。
 
1861年5月1日 社名を'''ベスレヘム製鉄所''' (''Bethlehem Iron Company'') に改名した。会社は創業初期に[[アメリカ海軍]]向けの鉄道[[レール]]や装甲板を生産した。
1900年代の初めにベスレヘム・スチールは[[キューバ]]での鉱山業および国内での造船業に進出した。1913年には[[マサチューセッツ州]][[クインシー (マサチューセッツ州)|クインシー]]の[[フォアリバー造船所]]を買収し、世界でも主要な造船業者の一つとなった。
 
1899年 社名を'''ベスレヘム・スチール会社''' (''Bethlehem Steel Company'') に改名した。
1916年に[[ユージン・グレース]]が社長に就任する。1945年には会長となり1957年まで同社を率いた。グレースは1920年代に多くの製鉄所を設立し、ベスレヘム・スチールは全国各地の著名な建造物に使用される鋼材を生産した。同社の鋼材は[[ニューヨーク]]の[[ロックフェラー・センター]]、[[マディソン・スクエア・ガーデン]]、[[サンフランシスコ]]の[[ゴールデン・ゲート・ブリッジ]]など多数に使用された。
 
1904年 オンライン証券取引でよく知られるチャールズシュワブ証券創業者の[[チャールズ・M・シュワブ]]と、[[ウォートン・スクール]]創設者である[[ジョセフ・ウォートン]]がベスレヘム・スチールを創設し、シュワブが初代社長および重役会議長に就任した。
 
1900年代初頭 [[キューバ]]での鉱山業および国内での造船業に進出した。
 
1900年代の初めにベスレヘム・スチールは[[キューバ]]での鉱山業および国内での造船業に進出した。1913年には [[マサチューセッツ州]][[クインシー (マサチューセッツ州)|クインシー]]の[[フォアリバー造船所]]を買収し、世界でも主要な造船業者の一つとなった。
 
1916年 [[ユージン・グレース]]が社長に就任する。1945年には会長となり1957年まで同社を率いた。グレースは1920年代に多くの製鉄所を設立し、ベスレヘム・スチールは全国各地の著名な建造物に使用される鋼材を生産した。同社の鋼材は[[ニューヨーク]]の[[ロックフェラー・センター]]、[[マディソン・スクエア・ガーデン]]、[[サンフランシスコ]]の[[ゴールデン・ゲート・ブリッジ]]など多数に使用された。
 
ベスレヘム・スチールは革命的な新型圧延機を導入し、アメリカで初のフランジの広い構造材を生産し、アメリカ工業界で特筆すべき発展を成し遂げた。これらの構造材は超高層ビル時代の到来を告げ、ベスレヘム・スチールを建設産業界への主要な鋼材供給源として確立させた。
 
== 軍への供給 ==
102

回編集