「ジョニー・マティス」の版間の差分

リンク追加
(BLP unsourced の貼付)
(リンク追加)
マティスは[[サンフランシスコ州立大学]]時代に、当時の[[近代オリンピック|オリンピック]]記録にあと数センチという記録を持つ高飛びの有望な選手であった。地元のクラブで歌っているところをスカウトされ、[[1958年]]に初めてのシングルレコード「ワンダフル!ワンダフル!」が大ヒットを記録した。半世紀に渡り、全米を代表するポップ・シンガーとして人気を維持し続けている。
 
代表作に「[[恋のチャンス]]」、「[[ミスティ (楽曲)|ミスティ]]」などがあり、デニース・ウィリアムスとの「涙のデュエット」、[[ディオンヌ・ワーウィック]]との「フレンズ・イン・ラヴ」、[[レイ・チャールズ]]との「[[虹のかなたに]]」など、デュエット曲のヒットも数多い。
 
[[1982年]]、アメリカの雑誌にて自身が[[ゲイ]]であることを公表した。