「三発機」の版間の差分

編集の要約なし
[[第二次世界大戦]]前、まだ[[レシプロエンジン]]の性能と信頼性が低く、[[双発機]]では飛行自体が不安だが、[[四発機]]では大きく重すぎて経済性が悪いという過渡期に多用されていたが、エンジン関連技術の進歩によって双発機の信頼性が向上すると衰退していった。
 
そして戦後、今度は[[ジェットエンジン]]においてまったく同じような過渡期が生じ、主に中型ジェット旅客機において三発機が普及したが、やはり技術の進歩によって双発機に取って代わられていった。
 
== 発動機の配置 ==
匿名利用者