「霊歌」の版間の差分

(117.55.68.135(会話)による ID:53437511 の版へ差し戻し (ポップアップ使用))
(スピリチュアルから分割)
==音楽==
#転送 [[スピリチュアル]]
音楽において、スピリチュアルは一般的に、アメリカの黒人[[奴隷]]に[[キリスト教]]が広まり、[[白人]]の宗教歌と[[アフリカ]]独特の音楽的感性が融合して生まれた歌謡・'''黒人霊歌'''を指す。黒人霊歌に明確な音楽的特徴はなく、漠然と「'''黒人が関与した(と考えられる)宗教的な歌'''」を指している。スピリチュアルには黒人霊歌以外に、[[プロテスタント]]の宗教歌を起源とする'''白人霊歌'''(ホワイト・スピリチュアル)があり<ref>[https://kotobank.jp/word/%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB-84667#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 スピリチュアル]</ref>、黒人霊歌・白人霊歌は英語の歌である。もう一つ'''ペンシルヴェニア・ダッチ'''(ドイツ語方言)があり、アメリカのスピリチュアルはこの3種類である<ref name="桜井" />。
 
スピリチュアルは西洋の讃美歌より広い意味で使われており<ref name="桜井" />、スピリチュアルを賛美歌に含める考えと、賛美歌としては取り扱わない考えとがある。
 
=== 音楽ジャンルとしてのスピリチュアルという名称の由来 ===
[[Image:Methodist camp meeting (1819 engraving).jpg|thumb|right|250px|[[メソジスト]]の野外礼拝(1819年)]]
スピリチュアル(霊歌)は、新約聖書の「[[エフェソの信徒への手紙]]」(エペソ人への手紙)、「[[コロサイの信徒への手紙]]」(コロサイ人への手紙)にある「霊の歌」(スピリチュアル・ソング)に由来しする。
 
{{Quotation|そこで、あなたがたの歩きかたによく注意して、賢くない者のようにではなく、賢い者のように歩き、今の時を生かして用いなさい。今は悪い時代なのである。だから、愚かな者にならないで、主の御旨がなんであるかを悟りなさい。酒に酔ってはいけない。それは乱行のもとである。むしろ御霊に満たされて、詩とさんびと'''霊の歌'''とをもって語り合い、主にむかって心からさんびの歌をうたいなさい。 |[[s:エペソ人への手紙(口語訳)|エペソ人への手紙(口語訳)]]}}
 
{{Quotation|キリストの平和が、あなたがたの心を支配するようにしなさい。あなたがたが召されて一体となったのは、このためでもある。いつも感謝していなさい。キリストの言葉を、あなたがたのうちに豊かに宿らせなさい。そして、知恵をつくして互に教えまた訓戒し、詩とさんびと'''霊の歌'''とによって、感謝して心から神をほめたたえなさい。 |[[s:コロサイ人への手紙(口語訳)|コロサイ人への手紙(口語訳)]]}}
 
「スピリチュアル・ソング」は、伝統的に教会で使われた[[詩編]]歌や[[賛美歌]]のテキストと区別するために、18~19世紀半ばの讃美歌集で使われた<ref name="桜井" />。これらは民謡ではなく、白人・黒人の区別もしていない<ref name="桜井" />。また19世紀初頭には、[[キャンプ・ミーティング|野外礼拝]]用讃美歌も「スピリチュアル・ソング」と呼ばれるようになった<ref name="桜井" />。
 
現在のように「スピリチュアル」が、賛歌、黒人霊歌を指すようになったのは、明確にはわからないが[[南北戦争]]後のことであり、それまでは(それ以降もしばしば)、アンセム、賛美歌、霊の歌、ジュビリー・ソング、奴隷の歌、奴隷小屋・プランテーションの歌、ゴスペル、ニグロ・メロディー、プランテーション讃美歌など様々に呼ばれた<ref name="桜井" />。1960年代には、黒人霊歌を指す言葉として、スピリチュアルが一般的になった<ref name="桜井" />。歌集の標題にスピリチュアル・ソングではなくピリチュアルを用いた本は、ジョンソン兄弟の『アメリカ黒人霊歌集』(1925年)が最初である<ref name="桜井" />。
 
=== 黒人霊歌 ===
[[File:Fisk Jubilee Singers 1882.jpg|thumb|300px|[[フィスク・ジュビリー・シンガーズ]](1882年)]]
黒人霊歌は、[[アフリカ大陸]]から[[アメリカ大陸]]に強制連行され、[[奴隷]]状態に置かれた黒人たちから生まれた。生活の中で育まれ口頭で伝えられる歌、すなわち[[民謡]]であった<ref name="桜井" />。現在黒人霊歌と呼ばれるものはそれほど均質ではなく、黒人霊歌とそれ以外の歌の区別は明瞭ではない<ref name="桜井" />。歌集や[[アルバム]]には、奴隷制以後の芸術歌謡や[[ゴスペル]]と重複する歌もあり、「'''黒人が関与した(と考えられる)宗教的な歌'''」程度の漠然とした共通点が読みとれる<ref name="桜井" />。名称が規定している民族性(アフロ・アメリカン)と宗教性(キリスト教)が共通する特徴として挙げられる。成立の時期・条件として奴隷制度を重視するなら、「奴隷の歌」または「[[プランテーション]]・ソング」の一種とされ、そのように呼ばれてきた<ref name="桜井" />。
 
黒人霊歌の起源は、アフリカ民謡を起源のひとつとする説、白人の民間宗教歌が黒人に影響を与えて発生したという白人音楽起源論などがあるが、アフリカとアメリカ南部白人文化両方の影響があると考えられている<ref>[http://www.ritsumei.ac.jp/acd/re/k-rsc/lcs/kiyou/17-2/RitsIILCS_17.2pp.149-165WELLS.pdf 歌はどこから - 黒人霊歌資料にアメリカの意識を追う - ] ウェルズ恵子</ref>。
 
黒人霊歌はニグロ・スピリチュアルという言い方もあるが、黒人を指す二グロという言葉には差別色があり、現在では好まれない。
 
#転送=== [[著名なスピリチュアル]](霊歌) ===
{{listen
|filename=Gospel Train.ogg
|title="The Gospel Train"
|description="[[:en:The Gospel Train|The Gospel Train]]"は1872年、フィスク・ジュビリー・シンガーズによって発表された。これはアメリカ海軍軍バンドのSea Chanters のアンサンブルによる演奏である。
}}
 
* 「[[スウィング・ロー、スウィート・チャリオット]]」([[:en:Swing Low, Sweet Chariot|Swing Low, Sweet Chariot]])
* 「[[行け、モーセ]]」([[:en:Go Down Moses|Go Down Moses]])
* 「[[漕げよマイケル]]」([[:en:Michael Row the Boat Ashore|Michael Row the Boat Ashore]])
* 「[[アメイジング・グレイス]]」([[:en:Amazing Grace|Amazing Grace]])
* 「[[深き河]]」([[:en:Deep River (song)|Deep River]])
* 「[[聖者の行進]]」([[:en:When the Saints Go Marching In|When the Saints Go Marching In]])
* 「[[ジェリコの戦い]]」(Joshua Fit The Battle Of Jericho)
* 「[[Tone duh bell easy]](鐘の音よ安らかに)」([[:en:In My Time of Dying|In My Time of Dying]])
 
== 霊歌の関連項目 ==
* [[聖歌]] / [[ゴスペル (音楽)]] / [[讃美歌]]
* [[労働歌]]
* [[ブラックミュージック]] / [[ブルース]] / [[ジャズ]]
* [[アメリカ合衆国の奴隷制度の歴史]]
 
== 外部リンク ==
* [https://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/10970/1/ronso1090300010.pdf 黒人霊歌とその起源論争] 桜井雅人
* [http://www.ritsumei.ac.jp/acd/re/k-rsc/lcs/kiyou/17-2/RitsIILCS_17.2pp.149-165WELLS.pdf 歌はどこから - 黒人霊歌資料にアメリカの意識を追う - ] ウェルズ恵子
 
{{DEFAULTSORT:すひりちゆある}}
[[Category:音楽のジャンル]]
[[Category:民謡]]
[[Category:黒人霊歌|*]]
[[Category:アメリカ合衆国の歌|*]]
[[Category:アフリカ系アメリカ人の音楽]]
2,445

回編集