「霊歌」の版間の差分

分割に伴う整理
(スピリチュアルから分割)
(分割に伴う整理)
音楽において'''霊歌'''(英: spiritual)'''スピリチュアル'''一般的に、アメリカの黒人[[奴隷]]に[[キリスト教]]が広まり、[[白人]]の宗教歌と[[アフリカ]]独特の音楽的感性が融合して生まれた歌謡・'''黒人霊歌'''を指す場合が多い。黒人霊歌に明確な音楽的特徴はなく、漠然と「'''黒人が関与した(と考えられる)宗教的な歌'''」を指している。スピリチュアル霊歌には黒人霊歌以外に、[[プロテスタント]]の宗教歌を起源とする'''白人霊歌'''(ホワイト・スピリチュアル)があり<ref>[https://kotobank.jp/word/%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB-84667#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 スピリチュアル]</ref>、黒人霊歌・白人霊歌は英語の歌である。もう一つ'''ペンシルヴェニア・ダッチ'''(ドイツ語方言)があり、アメリカのスピリチュアル霊歌はこの3種類である<ref name="桜井" />。
==音楽==
音楽において、スピリチュアルは一般的に、アメリカの黒人[[奴隷]]に[[キリスト教]]が広まり、[[白人]]の宗教歌と[[アフリカ]]独特の音楽的感性が融合して生まれた歌謡・'''黒人霊歌'''を指す。黒人霊歌に明確な音楽的特徴はなく、漠然と「'''黒人が関与した(と考えられる)宗教的な歌'''」を指している。スピリチュアルには黒人霊歌以外に、[[プロテスタント]]の宗教歌を起源とする'''白人霊歌'''(ホワイト・スピリチュアル)があり<ref>[https://kotobank.jp/word/%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB-84667#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 スピリチュアル]</ref>、黒人霊歌・白人霊歌は英語の歌である。もう一つ'''ペンシルヴェニア・ダッチ'''(ドイツ語方言)があり、アメリカのスピリチュアルはこの3種類である<ref name="桜井" />。
 
スピリチュアル霊歌は西洋の讃美歌より広い意味で使われており<ref name="桜井">[https://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/10970/1/ronso1090300010.pdf 黒人霊歌とその起源論争] 桜井雅人</ref>、スピリチュアル霊歌を賛美歌に含める考えと、賛美歌としては取り扱わない考えとがある。
 
=== 音楽ジャンルとしてのスピリチュアル霊歌という名称の由来 ===
[[Image:Methodist camp meeting (1819 engraving).jpg|thumb|right|250px|[[メソジスト]]の野外礼拝(1819年)]]
スピリチュアル(霊歌は、新約聖書の「[[エフェソの信徒への手紙]]」(エペソ人への手紙)、「[[コロサイの信徒への手紙]]」(コロサイ人への手紙)にある「霊の歌」(スピリチュアル・ソング)(spiritual song)に由来しする。
 
{{Quotation|そこで、あなたがたの歩きかたによく注意して、賢くない者のようにではなく、賢い者のように歩き、今の時を生かして用いなさい。今は悪い時代なのである。だから、愚かな者にならないで、主の御旨がなんであるかを悟りなさい。酒に酔ってはいけない。それは乱行のもとである。むしろ御霊に満たされて、詩とさんびと'''霊の歌'''とをもって語り合い、主にむかって心からさんびの歌をうたいなさい。 |[[s:エペソ人への手紙(口語訳)|エペソ人への手紙(口語訳)]]}}
{{Quotation|キリストの平和が、あなたがたの心を支配するようにしなさい。あなたがたが召されて一体となったのは、このためでもある。いつも感謝していなさい。キリストの言葉を、あなたがたのうちに豊かに宿らせなさい。そして、知恵をつくして互に教えまた訓戒し、詩とさんびと'''霊の歌'''とによって、感謝して心から神をほめたたえなさい。 |[[s:コロサイ人への手紙(口語訳)|コロサイ人への手紙(口語訳)]]}}
 
スピリチュアル・ソングspiritual song」は、伝統的に教会で使われた[[詩編]]歌や[[賛美歌]]のテキストと区別するために、18~19世紀半ばの讃美歌集で使われた<ref name="桜井" />。これらは民謡ではなく、白人・黒人の区別もしていない<ref name="桜井" />。また19世紀初頭には、[[キャンプ・ミーティング|野外礼拝]]用讃美歌も「スピリチュアル・ソングspiritual song」と呼ばれるようになった<ref name="桜井" />。
 
現在のように「スピリチュアルspiritual」が、賛歌、黒人霊歌を指すようになったのは、明確にはわからないが[[南北戦争]]後のことであり、それまでは(それ以降もしばしば)、アンセム、賛美歌、霊の歌、ジュビリー・ソング、奴隷の歌、奴隷小屋・プランテーションの歌、ゴスペル、ニグロ・メロディー、プランテーション讃美歌など様々に呼ばれた<ref name="桜井" />。1960年代には、黒人霊歌を指す言葉として、スピリチュアルspiritualが一般的になった<ref name="桜井" />。歌集の標題にスピリチュアル・ソングspiritual songではなくピリチュアルspiritualを用いた本は、ジョンソン兄弟の『アメリカ黒人霊歌集』(1925年)が最初である<ref name="桜井" />。
 
=== 黒人霊歌 ===
黒人霊歌はニグロ・スピリチュアルという言い方もあるが、黒人を指す二グロという言葉には差別色があり、現在では好まれない。
 
=== 著名なスピリチュアル(霊歌 ===
{{listen
|filename=Gospel Train.ogg
* 「[[Tone duh bell easy]](鐘の音よ安らかに)」([[:en:In My Time of Dying|In My Time of Dying]])
 
== 霊歌の関連項目 ==
* [[スピリチュアル]]
* [[聖歌]] / [[ゴスペル (音楽)]] / [[讃美歌]]
* [[労働歌]]
* [http://www.ritsumei.ac.jp/acd/re/k-rsc/lcs/kiyou/17-2/RitsIILCS_17.2pp.149-165WELLS.pdf 歌はどこから - 黒人霊歌資料にアメリカの意識を追う - ] ウェルズ恵子
 
{{DEFAULTSORT:すひりちゆあるれいか}}
[[Category:音楽のジャンル]]
[[Category:民謡]]
2,445

回編集