「ペレンノール野の合戦」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
* 原作では、城内の非戦闘員は既に退去しているが、映画では非戦闘員も主に市街地に多数残っている。市街戦の凄惨さを描くためであると思われる。
* モルドール側の攻撃は主に投石と攻城櫓によって行われる。映画版では後者も一定の成果を発揮し、いくつかは城壁を超えることができた(迎撃されて全滅したように思われるが)。原作の描写では城壁は超えられないほどに高いとされているが、これに完全に忠実になると物理力による攻城戦は不可能になってしまう。城門の突破など原作でモルドール軍があげた戦果はアングマールの魔王の力によるところが大きく、彼のもたらす「恐怖」やガンダルフの神秘的な力は映画では描きにくいという点もあるため、あくまで物理力による攻撃でモルドール側が有利に戦いを進めたと描くしかなかったのであろうと思われる。
* 一方的に攻撃にさらされていた原作とは異なり、ゴンドール側も投石によって破壊された城壁の残骸塔に設置したされている投石機で投げ返しそれなりの戦果をあげる。一方的に攻にさらされていた原作とは大きく異なる。
* 原作ではアングマールの魔王が馬に乗って城内に入る場面があるが、映画で侵入してきたのはトロルと大量のオーク兵だった。このため、守備兵も逃げることなく応戦する。
* 原作では城門が突破され魔王とガンダルフが対峙しただけで援軍が到着し、ここで攻城戦は終わるが、映画では敵が第1環状区になだれ込み、市街戦が行われる。このため守備兵は第2環状区以内に退却する。これも先述した理由と同じで、戦闘シーンを描かなければゴンドールの劣勢を映像で表現し難いからである思われる。
* 原作では主戦場がペレンノール野に移った後に、城内の守備兵が城門付近の敵を蹴散らして城外へ打って出る。しかし映画ではこれが描かれず、最後まで城内に立てこもったままである。先述したように原作と違って城内にかなり侵入されているということが原因と考えられる。
 
=== ローハン軍の描き方 ===
* 原作において、ローハンの騎兵がハラドの[[ムマキル]]部隊と実際に戦うところは描かれず、戦闘は主にハラドの騎兵、歩兵を相手に行われている。しかし映画では、ムマキル部隊と実際に戦うシーンがある(この時、同行していた[[レゴラス]]、[[ギムリ]]も勇戦している)。巨大なムマキルに対して騎兵で突撃するというのは無謀そのものだが、これも敵の強大さを描くためであると思われる。
* 原作においてハラドの騎兵隊を率いていた指揮官と旗手を打ち取り、黒い蛇の旗を地にまみれさせるなどの手柄をあげたセオデン王だが、映画では最初の突撃以外にはあまり活躍する場面は映されずアングマールの魔王に倒される。
* セオデン王の最期において、原作ではエオメルに王位を譲る描写があるが、映画では戦場に取り残され、エオウィンに看取られて崩御する。また原作のエオウィンは力を使い果たして(加えて呪いで)倒れているはずであり、セオデンも彼女はエドラスに留まっているものと思い込んでいるはずであるが、ここも変更されている。
166

回編集