「アミロペクチン」の版間の差分

m
-cat:化学物質, sty, +pic
m (robot Adding: es)
m (-cat:化学物質, sty, +pic)
[[Image:Amylopectin.svg|thumb|380px|アミロペクチンの部分構造]]
'''アミロペクチン''' (Amylopectinamylopectin) とは、多数の[[グルコース|α-グルコース]]分子が[[グリコシド結合]]によって[[重合]]し、枝分かれの多い構造になった[[高分子]]である。枝分かれから枝分かれまでの長さは、グルコース約20個分である(平均でグルコース残基約25個に1個の割合で分枝構造をもつ。直鎖部分の長さは 18 - 24 残基、分岐間は 5 - 8 残基の間隔がある)。[[アミロース]]と同じく[[デンプン]]分子であるが、形状の違いにより異なる性質を持っている。通常のデンプンには80% 80% ほど含まれる。モチ[[もち]]の主成分。
 
== 性質 ==
* アミロースと異なり、熱水に溶けない。
* [[分子量]]15×10<sup>6</sup> から 400×10<sup>6</sup> 程度(グルコース残基で 90,000 から 250,000 程度)で、アミロースに比べて大きい。
* [[ヨウ素デンプン反応]]における呈色は赤紫色。
 
[[Category:化学物質|あみろへくちん]]
[[Category:糖類|あみろへくちん]]
 
20,476

回編集