「蓄膿症」の版間の差分

編集の要約なし
m
MeshID = D004653 |
}}
'''蓄膿症'''(ちくのうしょう、{{Lang-en-short|empyema}})は、既存の[[体腔]]に[[膿]]が貯留している状態。新たに形成された空洞に膿が貯留する[[膿瘍]]とは区別しなければならない。慢性の[[副鼻腔炎]]が俗称として呼ばれることがある。「ちくのう症」とも称す
 
'''蓄膿症'''(ちくのうしょう、{{Lang-en-short|empyema}})は、既存の[[体腔]]に[[膿]]が貯留している状態。新たに形成された空洞に膿が貯留する[[膿瘍]]とは区別しなければならない。慢性の[[副鼻腔炎]]が俗称として呼ばれることがある。
 
== 解説 ==
フェイズ5移行の自覚症状として、下を向いて鼻をかんだ時に痛みを感じることがある。<br/>脳に転移すると最悪の場合死に至る。
脳に転移すると最悪の場合死に至る。
 
医学的には蓄膿症は下記の領域に出現する。
38,346

回編集