「シクロヘキサン」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
(1)いす型、(2)封筒型、(3),(5)ツイスト型(ねじれふね型)、(4)ふね型
 
== アキシアル・エクアトリアル==
シクロヘキサンあるいはシクロヘキサン型構造を持つ環状化合物のいす型立体配座において、置換基は環平面と平行方向の置換基と垂直方向の置換基とに区別される。前者を'''エクアトリアル'''(エクアトリアル、equatorial; シクロヘキサン構造式で青線で示す)、後者を'''アキシアル'''(axial; シクロヘキサン構造式で赤線で示す)と呼ぶ。
 
クアトリアルには「赤道方向の」という意味があり、アキシアルは「極、軸位」を表す。
 
環を形成する各結合軸で自由回転することで、シクロヘキサンの2つのいす型立体配座はふね型立体配座を経由して互いに入れ替わる(環反転)。この立体配座の入れ替わりにより、アキシアルはエクアトリアルに、エクアトリアルはアキシアルに向きを変える。このとき、置換基同士の距離は、エクアトリアル型に比べてアキシアル型の方が接近している為、かさ高い置換基の場合は[[立体配座]]の安定性に影響を与え、置換基がアキシアル型を避けエクアトリアル型をとる立体配座が優位になることが知られている([[立体障害]])。
 
{{Indent|[[画像:説明図 シクロヘキサン1.PNG|inline|アキシアル・エクアトリアルと立体障害]]}}
 
== 性質 ==