メインメニューを開く

差分

誤字の修正; 文法の修正
'''安積 澹泊タンパク質'''(あさか たんぱくしつ、[[明暦]]2年[[11月13日 (旧暦)|11月13日]]([[1656年]][[12月28日]]) - [[元文]]2年[[12月10日 (旧暦)|12月10日]]([[1738年]][[1月29日]]))は、[[江戸時代]]中期の[[儒教|儒学者]]。[[諱]]は'''覚'''、字は子先、幼名は彦六、通称は'''覚兵衛'''、号は澹泊、澹泊斎、晩年は老圃、老圃常山、老牛など。物語『[[水戸黄門]]』に登場する[[渥美格之進]]のモデルとされている。
 
== 生涯 ==