「イラクサ」の版間の差分

学名をurtica dioicaに変えました。今までの学名だと、他の言語の「イラクサ」のサイトがこのサイトに繋がっていないんです。
m (Removing Link FA template (handled by wikidata) - The interwiki doesn't exist)
(学名をurtica dioicaに変えました。今までの学名だと、他の言語の「イラクサ」のサイトがこのサイトに繋がっていないんです。)
|英名 = [[w:nettle|Nettle]]
}}
'''イラクサ'''(刺草・蕁麻、英名:[[w:nettle|Nettle]]、学名:''[[w:Urtica thunbergianadioica|Urtica thunbergianadioica]]'')とは、[[イラクサ科]][[イラクサ属]]の[[多年生植物]]の一種、または総称。多年生植物で30~50cmの高さになり、茎は四角く、葉と茎に刺毛がある。6月から9月にかけて葉腋から円錐形に緑色の花をつける。
 
== 名前 ==
「イラクサ」は ''Urtica thunbergianadioica'' の[[標準和名]]である。ヨーロッパや北米の近縁種[[セイヨウイラクサ]] ({{snamei||Urtica dioica}})(英名:Stinging nettle)も「イラクサ」と訳されることが多いが、日本に野生するイラクサとは別種である。
 
また、若芽が[[山菜]]として利用される[[ミヤマイラクサ]]も、時として「イラクサ」と称されることがあるが、ミヤマイラクサは[[ムカゴイラクサ属]] (''[[w:Laportea|Laportea]]'') であり、イラクサとは別属である。
匿名利用者