「メーヌ・ド・ビラン」の版間の差分

[書誌]追加
([書誌]追加)
| website = <!-- {{URL|example.com}} -->
}}
'''フランソワ=ピエール=ゴンティエ・メーヌ・ド・ビラン'''('''François Pierre Gontier Maine de Biran'''、[[1766年]][[11月29日]] - [[1824年]][[7月20日]])は、[[フランス]]の[[哲学者]]、[[政治家]]。単純一般に「メーヌ・ド・ビラン」として知られる。
 
== 人物 生涯==
[[フランス]]南部の[[ベルジュラック]]出身。1784年に[[ルイ16世 (フランス王)|ルイ16世]]の近衛兵となり、[[フランス革命]]初期の1789年10月には[[ヴェルサイユ宮殿]]で国王を護衛した。1797年以降、[[五百人会]]議員、[[立法院 (フランス)|立法院]]議員、[[フランス学士院|学士院]]会員等を歴任した。
 
== 哲学==
この間、[[観念論]]の立場から認識に対する研究をはじめたが、[[唯心論]]者となる。晩年は[[神秘主義]]にも接近している。
 
内省的方法による感覚知覚を考察し、意識の本質を探究。「精神の生」なる概念を提示している。
{{節スタブ}}
 
 
 
== 邦訳著作(邦訳) ==
<!--テンプレート{{Cite book |和書 |author= |editor= |title= |translator= |date= |edition= |publisher= |NCID= |isbn= }}-->
*{{Cite book |和書 |author=メーヌ・ド・ビラン |title=人間の身体と精神の関係―コペンハーゲン論考 1811年 |editor=F.C.T.ムーア(編)|translator=掛下栄一郎,益邑斉,大崎博,北村晋,阿部文 |date=1997 |edition=|publisher=[[早稲田大学出版部]] |NCID= |isbn=978-4657975195 }}
**{{Cite book |和書 |author= |editor= |title=人間の身体と精神の関係―コペンハーゲン論考 1811年 |translator= |edition=新装版 |year=2001|publisher= |NCID= |isbn=978-4657011022 }}
*{{Cite book |和書 |author=メーヌ・ド・ビラン |coauthors= |title=人間学新論 |translator=増永洋三 |year=2001 |edition=|publisher=晃洋書房 |NCID= |isbn=978-4771012950 }}
 
== 関係図書==
<!--発行順-->
=== 単独研究・評伝・評論===
{{Cite book |和書 |author=[[澤瀉久敬]] |title=メーヌ・ド・ビラン |date=1936-12 |edition=(西哲叢書 21) |publisher= 弘文堂書房 |NCID=BN08277240 |isbn= }}
*{{Cite book |和書 |author=北明子 |editor= |title=メーヌ・ド・ビランの世界―経験する「私」の哲学 |date=1997-3 |publisher=勁草書房 |NCID= |isbn=978-4326101160 }}
*{{Cite book |和書 |author=[[アンリ・グイエ]] |title=メーヌ・ド・ビラン―生涯と思想|translator=大崎博,益邑斉 |date=1999-7 |edition= |publisher=サイエンティスト社 |NCID= |isbn=978-4914903640 }}
*{{Cite book |和書 |author=[[ミシェル・アンリ]] |title=身体の哲学と現象学―ビラン存在論についての試論 |translator=中敬夫 |date=2000-3 |edition=(叢書・ウニベルシタス) |publisher=法政大学出版局 |NCID= |isbn=978-4588006685 }}
*{{Cite book |和書 |author=中敬夫 |title=メーヌ・ド・ビラン―受動性の経験の現象学 |date= 2001-3 |publisher=世界思想社 |NCID= |isbn=978-4790708599 }}
*{{Cite book |和書 |author=佐藤国郎 |title=メーヌ・ド・ビラン研究―自我の哲学と形而上学 |date=2007-3-31 |publisher=悠書館 |NCID= |isbn=978-4903487052 }}
*{{Cite book |和書 |author=村松正隆 |title=<現われ>とその秩序―メーヌ・ド・ビラン研究 |date=2007-4 |publisher=東信堂 |BN 08277240 |isbn=978-4887137486 }}
=== 関連研究・評論===
*{{Cite book |和書 |author=[[モーリス・メルロー=ポンティ]] |editor= |title=心身の合一―マールブランシュとビランとベルグソンにおける (1981年) |translator=滝浦静雄ほか |date= 1981-11 |edition= |publisher=朝日出版社 |NCID= |isbn= }}
**{{Cite book |和書 |author=モーリス・メルロー=ポンティ |editor= |title=心身の合一―マールブランシュとビランとベルクソンにおける |translator= [[滝浦静雄]],中村文郎,砂原陽一 |date=2007-12-10 |edition=(ちくま学芸文庫) |publisher=筑摩書房 |NCID= |isbn=978-4480091147 }}
 
== 参考図書==
*{{Cite book |和書 |author= |editor=[[松永澄夫]](編集) |title=哲学の歴史〈第6巻〉知識・経験・啓蒙―18世紀 人間の科学に向かって |translator= |date=2007-6|publisher=中央公論新社 |page=599-660頁。(執筆:村松正隆) |NCID= |isbn=978-4124035230 }}
 
== 邦訳著作 ==
*『人間の身体と精神の関係』、[[掛下栄一郎]]、[[益邑斉]]、[[大崎博]]、[[北村晋]]、[[阿部文]]訳、[[早稲田大学出版部]]、[[2001年]]。
*『人間学新論』、[[増永洋三]]訳、[[晃洋書房]]、[[2001年]]。
 
== 脚注==
{{Philos-stub}}
{{Academic-bio-stub}}
{{People-substub}}
940

回編集