「笏」の版間の差分

編集の要約なし
 
「笏」の本来の読みは「コツ」であるが、「[[骨]]」に通じて縁起が悪いので、これを忌んで「シャク」と読むようになった。「シャク」と読む理由には諸説ある。
* 元は柞([[ハハソナラ|ははそ]])の木で作るので、その音の「サク」が転じて「シャク」となった。
* 笏の長さが1[[尺]]であることから「シャク」になった。
 
6,244

回編集