メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
|年俸 =
|経歴 = <nowiki></nowiki>
*[[ボルティモア・オリオールズ]](1988 - 1990)
*[[ヒューストン・アストロズ]](1991)
*[[フィラデルフィア・フィリーズ]](1992 - 2000)
|選出方法 =
}}
'''カーティス・モンタギュー・シリング'''('''Curtis Montague Schilling''', [[1966年]][[11月14日]] - )は、[[MLB]]の元選手。ポジションは[[投手]]。[[アメリカ合衆国]][[アラスカ州]][[アンカレッジ]]出身の元[[メジャーリーグベースボール|MLB]]選手([[投手]])
 
== 経歴 ==
 
=== キャリア初期 ===
{{by|1986年}}1月の[[MLBドラフト]]で[[ボストン・レッドソックス]]から2巡目に指名を受け入団。{{by|1988年}}[[7月29日]]に[[マイク・ボディッカー]]との交換トレードで、[[ブレイディ・アンダーソン]]と共に[[ボルティモア・オリオールズ]]に移籍し、[[9月7日]]の古巣レッドソックス戦でメジャーデビュー。目立った成績は残せず、ブロンドの髪に青いラインを入れたため保守的な[[フランク・ロビンソン]]監督を怒らせた、ということ位でしか知られていない存在だった<ref name=slugger>Tyler Kepner / [[ニューヨーク・タイムズ|New York Times]] 「カート・シリング&ジョシュ・ベケットの師弟関係 "悪ガキ" から "エース" へ」 [[吉藤宗弘]]訳、『月刊スラッガー』99号、[[日本スポーツ企画出版社]]、2006年、雑誌15509-7、10-13頁。</ref>。{{by|1990年}}は6月末にメジャーに昇格。リリーフとして登板し初勝利も挙げるが、セーブ失敗が6度もあった。{{by|1991年}}[[1月10日]]に[[グレン・デービス (野球)|グレン・デイヴィス]]との交換トレードで、[[スティーヴ・フィンリー]]らと共に[[ヒューストン・アストロズ]]に移籍。オフに[[ロジャー・クレメンス]]から「君は時間を無駄にしている」と2時間に及ぶ大説教を受けた。今までのやり方ではダメだと気付き、それまでとは「全く違うアプローチ、視点、態度でゲームに臨む」ようになった<ref name=slugger/>。
 
=== フィラデルフィア・フィリーズ ===
移籍1年目の{{by|2004年}}は前半戦で11勝を挙げ、2年ぶりに[[2004年のMLBオールスターゲーム|オールスターゲーム]]に選出される。[[9月16日]]の[[タンパベイ・デヴィルレイズ]]戦で勝利投手となり、{{by|1978年}}の[[デニス・エカーズリー]]以来、球団史上5人目の入団初年度での20勝を達成。21勝6敗・防御率3.26・203奪三振を記録し、チームの[[ワイルドカード (スポーツ)|ワイルドカード]]獲得に貢献。[[アナハイム・エンゼルス]]との[[2004年のアメリカンリーグディビジョンシリーズ|ディヴィジョンシリーズ]]では第1戦に先発し勝利投手となるが、右足首の腱を断裂する怪我を負う。ヤンキースとの[[2004年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ|リーグチャンピオンシップシリーズ]]では第1戦に先発するが、痛みから本来の投球ができず、3回6失点で敗戦投手となる。球団の医療スタッフは、痛めた足首の周囲の皮膚を縫い付けて断裂した腱が動かないようにする[[応急処置]]を敢行する。当時の報道によればこのような処置はそれまで誰もやったことがなく、有効性を確かめるために医療解剖用の死体を使ってリハーサルを行ったという。第6戦では7回1失点と好投して勝利投手となり、史上初めて3連敗からタイに持ち込んだが、試合終盤には縫合部分から出血し、靴下が血に染まった。以後は先発の前日に足の皮膚を縫い合わせ、登板が終わったら抜糸、を繰り返した(縫い付けたままでは患部が化膿する恐れがあるため)<ref>{{Cite web|date=2004-10-20|url=http://www.redorbit.com/news/oddities/95850/cadaver_used_to_help_fix_schillings_ankle/|title=Cadaver used to help fix Schillings ankle|language=英語|accessdate=2008-05-13}}</ref>。チームは最終第7戦も勝利して18年ぶりのリーグ優勝を果たす。カーディナルスとの[[2004年のワールドシリーズ|ワールドシリーズ]]では第2戦に先発し、靴下を血に染めながら7回を4安打1失点と好投して勝利投手。チームは4連勝で{{by|1918年}}以来86年ぶりのワールドチャンピオンとなり、[[ボストン・レッドソックス#バンビーノの呪い|バンビーノの呪い]]を打ち破った。シリングの'''血染めのソックス'''は[[アメリカ野球殿堂|野球殿堂]]に展示されることになった。サイ・ヤング賞の投票では満票で受賞した[[ヨハン・サンタナ]]に次ぐ2位に入り、チーム全体でスポーツ・イラストレイテッド誌の2004年度スポーツマン・オブ・ザ・イヤーを受賞した。
 
{{by|2005年}}は前年の故障の影響で開幕に間に合わず、復帰後も不本意な投球で再び[[故障者リスト]]入り。7月に復帰した後はクローザーとして9セーブを記録し、8月下旬からは先発に戻る。チームは惜しくも地区優勝を逃すがワイルドカードを獲得。[[シカゴ・ホワイトソックス]]との[[2004年のアメリカンリーグディビジョンシリーズ|ディヴィジョンシリーズ]]では3連敗で敗退。第4戦で先発予定だったため登板機会は無かった。{{by|2006年}}は開幕から4試合で4勝・防御率1.61を記録し、引退が近いのではという声も退けた。[[5月27日]]のデヴィルレイズ戦で史上104人目の通算200勝を達成。[[8月30日]]の[[オークランド・アスレティックス]]戦では[[ニック・スウィッシャー]]から三振を奪い、通算[[3000奪三振クラブ|3000奪三振]]に到達。与四球1000以下での達成は[[ファーガソン・ジェンキンス]]、[[グレッグ・マダックス]]に次ぐ史上3人目となった。直後に故障で離脱するが15勝7敗・防御率3.97・183奪三振を記録した。{{by|2007年}}1月にデニス・アンド・カラハンというラジオ番組に出演し、2007年シーズンで引退する意思がないことを表明した。契約延長を申し出るも、球団は年齢、体調などを理由にシーズンの終了まで交渉を拒否。それに対し、球団が独占交渉権を持つワールドシリーズ終了後の15日間に交渉を行うつもりはないと発言した。{{by|2007年}}[[6月7日]]のアスレティックス戦では9回2死まで失策の走者1人に抑えるも、[[シャノン・スチュワート]]に95マイルの速球をライトへ打たれ、後一歩でノーヒットノーランを逃した。その後2度の先発で打ち込まれ、[[7月20日]]に肩のMRI検査を受けて故障者リスト入り。9勝に留まるが、チームは12年ぶりの地区優勝を果たす。エンゼルスとの[[2007年のアメリカンリーグディビジョンシリーズ|ディヴィジョンシリーズ]]では第3戦に先発し、7回無失点で勝利投手。[[クリーヴランド・インディアンズ]]との[[2007年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ|リーグチャンピオンシップシリーズ]]では第2戦に先発し5回途中5失点で降板するが、第6戦は7回2失点と好投して勝利投手となり、チームは3年ぶりのリーグ優勝。[[コロラド・ロッキーズ]]との[[2007年のワールドシリーズ|ワールドシリーズ]]では第3戦に先発し、6回途中1失点で勝利投手となり、3年ぶりのワールドチャンピオンに貢献した。
 
オフにフリーエージェントFAとなり、2年3,000万ドルを提示した球団もあったが<ref>{{Cite book|和書|author=友成那智、村上雅則|year=2008|title=メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2008|publisher=廣済堂出版|pages=39項|id=ISBN 978-4-331-51300-2}}</ref>、1年800万ドルで残留。{{by|2008年}}[[3月13日]]、状態の思わしくなかった右肩のリハビリのため、60日間の故障者リスト入りした。本人は手術を希望したが、球団はまずリハビリすることを望んだ。復帰はオールスター明けとみられていたが<ref>{{Cite web|date=2008-03-13|url=http://www.sportsline.com/mlb/story/10706812|title=Red Sox's Schilling, out until All-Star break, goes on 60-day DL|language=英語|accessdate=2008-03-13}}</ref>結局6月に手術を行い、終盤に復帰するのではと言われたが、1試合も登板することなくシーズンを終えた<ref name="sul200901"/>。チームはワイルドカードでポストシーズンに進出。[[タンパベイ・レイズ]]との[[2008年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ|リーグチャンピオンシップシリーズ]]第5戦で[[始球式]]を務めたが、投球はホームベースのかなり手前でワンバウンド。レッドソックスファンのブログでは、「The 8 Million Dollar First Pitch(800万ドルの始球式)」と揶揄され<ref name="sul200901">「2008プレーオフ総集編 ALCS ア・リーグ・チャンピオンシップシリーズ レイズ対レッドソックス」『[[スラッガー (雑誌)|月刊スラッガー]]』2009年1月号、[[日本スポーツ企画出版社]]、2009年、雑誌15509-1、56頁</ref>、チームは3勝4敗で敗退した。{{by|2009年}}[[3月23日]]に自身のブログで「パーティーは終わりだ。23年間のプロ生活で世界一のファンからいろんな場所で祝福を受けてきて、引退には何の後悔もない」と現役引退を表明した<ref>{{Cite web |url=http://bugsandcranks.com/38pitches/sports/boston/baseball/curt-schilling/general/calling-it-quits/ |title=Calling it quits |author= |publisher=38pitches |accessdate=2009年3月24日 }}</ref><ref>{{Cite web |url=http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20090323&content_id=4052274&vkey=news_mlb&fext=.jsp&c_id=mlb |title=Schilling announces his retirement Right-hander won Series games for Phillies, D-backs, Red Sox |author= |publisher=MLB.com |accessdate=2009年3月24日 }}</ref>。
 
=== 殿堂得票 ===
|24||24||1||1||1||9||8||0||0||.529||633||151.0||165||21||23||1||2||101||0||0||68||65||3.87||1.25
|-
!colspan="2"|通算[[メジャーリーグベースボール|MLB]]:20年
|569||436||83||20||24||216||146||22||0||.597||13284||3261.0||2998||347||711||43||52||3116||72||8||1318||1253||3.46||1.14
|}
19,699

回編集