「森本孝順」の版間の差分

編集の要約なし
*10歳で京都、[[壬生寺]]に入寺。
*[[大谷大学]]卒。
*[[1940年]]、[[奈良県]][[五條市]]の[[講御堂寺]]、住職就任。以後、講御堂寺を自坊とす。
*荒廃していた唐招提寺の再興に尽くし[[1946年]]、長老に就任。
*[[1980年]]、[[鑑真]]和上坐像([[国宝]])の中国里帰りを実現。