「山川菊栄」の版間の差分

近代の人物のため、Wikipedia:表記ガイド#年月日・時間に従い修正。
(近代の人物のため、Wikipedia:表記ガイド#年月日・時間に従い修正。)
'''山川 菊栄'''('''山川 菊榮'''、やまかわ きくえ、[[明治1890年]]23年([[1890年明治]]23年)[[11月3日]] - [[昭和1980年]]55年([[1980年昭和]]55年)[[11月2日]])は日本の評論家・婦人問題研究家である。
 
旧姓は青山。[[東京府]]れ。[[山川均]]の妻。日本の婦人運動に初めて批評的、科学的視点を持ち込んだ。多くの評論集は、明晰な分析と鋭い批評眼を示し、日本における[[女性解放運動]]の思想的原点と評される{{要出典|date=2012年7月}}また、戦前から[[柳田國男]]の薫陶を受け、母や故老からの聞き書きや祖父の日誌をもとに、武家の女性」「』『幕末の水戸藩などの社会史を残した。
 
==経歴==
* 父は森田龍之助、母は[[水戸藩|水戸藩士]]で[[弘道館]]教授頭取代理・[[彰考館]]権総裁を務めた儒学者・史学者の[[青山延寿]]の娘・千世で、菊栄自身は青山姓を名乗った。弘道館の初代教授頭取を務めた儒学者・[[青山延于]]は母方の曾祖父にあたる。大叔父(大叔母の夫)に[[水戸藩]]士[[吉成勇太郎]]がいる。
* [[東京都立竹早高等学校|東京府立二女]]卒業。
* 明治45年([[1912年]](明治45年) 女子英学塾(現:[[津田塾大学]])卒業。
* [[大正1915年]]4年([[1915年大正]]4年) [[堺利彦]]・[[幸徳秋水]]らの金曜講演会、[[大杉栄]]らの平民講演会を通して[[社会主義]]を学ぶ。
* 大正5年([[1916年]](大正5年) 社会主義運動家[[山川均]]と結婚。
* 大正7年([[1918年]](大正7年)ころから始まった[[母性保護論争]]に参加、[[社会主義]]の立場から[[平塚らいてう]]・[[伊藤野枝]]らの運動を批判。
* 大正10年([[1921年]](大正10年)4月 日本で最初の社会主義婦人団体「[[赤瀾会]]」を結成、同年メーデーに初参加。
* 昭和22年([[1947年]](昭和22年) [[日本社会党]]に入党。9月1日、[[片山内閣]]のもとで[[労働省]](新設直後)の初代[[婦人少年局]]長に就任。
* 昭和37年([[1962年]](昭和37年) [[田中寿美子]]らと[[婦人問題懇話会]]を設立。
* [[1974年]](昭和49年)『覚書 幕末の水戸藩』で[[大佛次郎賞]]受賞。
* [[1980年]](昭和55年) 死去
* [[1981年]](昭和56年) 業績を記念して、[[山川菊栄賞]]設立。
 
==著作==
68,331

回編集