「ハピ」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (ボット: 言語間リンク 31 件をウィキデータ上の (d:Q32143 に転記))
m編集の要約なし
[[ファイル:Hapy tying.svg|thumb|230px|[[上下エジプト]]を結ぶ2人の神として表されるハピ。]]
[[ファイル:Hapi.jpg|thumb|150px|供物を手に持つハピ。]]
'''ハピ'''(Hapy, あるいはHapi)は、[[エジプト神話]]に登場する[[ナイル川]]の[[]]。[[古代エジプト]]において信仰された。
 
ハピは顎に髭をはやし、垂れた女性の胸を持つ緑または青色の太った男の姿で表される。女性の胸は豊饒性を表すと考えられている<ref name="Ions208">{{Harvnb|イオンズ|p=208|Ref=none}}</ref>。ハピはまた、ナイル川の北と南を表す2人の神と考えられ、2人で上下エジプトの統一のシンボルに植物を結びつけるサムタウイの儀式を行う姿で表されることもあった<ref name="Ions208" />。ハピの頭上には[[パピルス]]あるいは[[スイレン属|睡蓮]]の葉が描かれる。手には供物が高く積み上げられた盆、もしくは水が流れ出る壷を持っている。上下ナイルを表す2本の植物または2個の壷を持つ姿で表されることもある<ref>{{Harvnb|イオンズ|p=210|Ref=none}}</ref>。