メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
所在地=[[香川県]]([[三豊市]])|
山系=[[七宝山]]系|<!--
種類=|
初登頂= -->
}}
[[画像:Siude.jpg|thumb|紫雲出山山頂から燧灘を臨む]]
[[画像:RyuuguuJyou_Toire.jpg|thumb|竜宮城公衆便所]]
'''紫雲出山'''(しうでやま)は、[[香川県]][[三豊市]]詫間町(旧[[詫間町]])にある山で、[[瀬戸内海]]に突き出た[[荘内半島]]内に位置する。名前の由来は、[[浦島太郎]]が玉手箱を開けた時に立ち上った[[煙]]と似ているところからつけられたという詫間に伝わる[[伝説]]による。標高352メートルで、[[山頂]]の展望台からは東に[[備讃瀬戸内海国立公園]]や[[瀬戸大橋]]、[[水島コンビナート]]、西[[燧灘]]、南に[[四国山地|四国山系]]、北は[[福山市]]や[[笠岡市]]の[[笠岡諸島]]などの[[山陽地方|山陽路]]と、360°見渡せる展望が広がっている。
名前の由来は、[[浦島太郎]]が玉手箱を開けた時に立ち上った[[煙]]と似ているところからつけられたという詫間に伝わる[[伝説]]による。標高352メートルで、[[山頂]]の展望台からは東に[[備讃瀬戸]]や[[瀬戸大橋]]、[[水島コンビナート]]、西に[[燧灘]]、南に[[四国山地|四国山系]]、北は[[福山市]]や[[笠岡市]]の[[笠岡諸島]]などの[[山陽地方|山陽路]]と、360°見渡せる展望が広がっている。
 
紫雲出山は頂上付近を除き、ほとんどを[[花崗岩]]で形成されている。山頂一帯に[[弥生時代]]中期の高地性集落の遺跡群があり、遺跡館が併設されている。山頂に至るドライブウェイのふもとには、[[龍宮|竜宮城]]を模した公衆トイレが設置されている。
匿名利用者