「ゴッド&ジェネラル/伝説の猛将」の版間の差分

 
== ストーリー ==
[[南軍]]の名将として名高い[[ロバート・E・リー]]と[[ストーンウォール・ジャクソン]]、北軍の英雄[[ジョシュア・チェンバレン]]、後に[[エイブラハム・リンカーン|リンカーン]]暗殺事件の実行犯となる俳優[[ジョン・ウィルクス・ブース|ブース]]を中心に、南北戦争初期の推移を描く。南北戦争が[[南軍]]側にとっては郷土防衛のための戦いであった背景を重視し、両陣営を公平な視点から描いている。
 
本編は[[第一次マナサスの戦い|マナサス]]、[[フレデリックスバーグの戦い|フレデリックスバーグ]]、[[チャンセラーズビルの戦い|チャンセラーズビル]](いずれも南軍が勝利した主要な戦闘)の3章に分けられているが、米国内で販売されているBlu-ray特別版では[[アンティータムの戦い]]の章が新たに追加されている。