「糖」の版間の差分

サイズ変更なし 、 6 年前
→‎グリコシド結合: 誤字修正です。 アルデビト→アルデヒド へ。
m (Removing Link GA template (handled by wikidata) - The interwiki doesn't exist)
(→‎グリコシド結合: 誤字修正です。 アルデビト→アルデヒド へ。)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
'''[[グリコシド結合]]'''は[[単糖]]を連結する[[アセタール]]構造の呼称である。
 
単糖はヒドロキシ基とカルボニル基(アルデビトヒドまたはケトン)をもつ直鎖 (open chain) 構造と自己のヒドロキシ基を巻き込んで環状アセタール(ないしはケタール)の環構造の二つの構造をとることが出来る。環状アセタールを形成する際に、自己のヒドロキシ基とともに他の糖のヒドロキシ基を巻き込んで環を形成することで、糖が連結した多糖が形成される。
 
糖が環を形成するとき、通常は環を含む平面に対して構造が非対称な為、グリコシド結合も環平面に対して上向きと下向きの二つの構造をとりうる。下向きにグリコシド結合を生成する場合をα-グリコシド結合、上向きの場合をβ-グリコシド結合と呼ぶ。両者は化学的、物理的、生物学的に性質が異なる。たとえば、グルコースがα1→4結合で多数連結すると、アミロース([[でんぷん]])となり、β1→4結合で多数連結すると[[セルロース]]となる。
匿名利用者