「ジェームス・ブラック」の版間の差分

編集の要約なし
{{Thumbnail:ノーベル賞受賞者|1988年|ノーベル生理学・医学賞|薬物療法における重要な原理の発見}}
{{Thumbnail:end}}
'''ジェームス・ワイト・ブラック'''('''Sir James Whyte Black'''、[[1924年]][[6月14日]] - [[2010年]][[3月22日]]<ref>[http://news.stv.tv/scotland/tayside/165087-nobel-prize-winning-scientist-dies/ Nobel Prize winning scientist dies] Scottish TV-News 2010-3-22</ref>)は[[スコットランド]]の[[薬理学者]]。[[ダンディー大学]]総長。
 
== 経歴 ==
 
彼は[[医師]]として、また[[基礎科学者]]として、[[心臓病]]の基礎的及び臨床的な知識に貢献した。[[交感神経β受容体遮断薬]]である[[プロプラノロール]]の発明は[[狭心症]]の治療に革命をもたらし、[[20世紀]]の[[臨床医学]]及び[[薬理学]]への最も重要な寄与の一つとされる。彼の研究方法、[[アドレナリン]]の[[薬効薬理]]の発見、[[心臓]]のメカニズムの解明、これらは全て彼の仕事の強さである。
 
2010年3月22日、逝去<ref>[http://news.stv.tv/scotland/tayside/165087-nobel-prize-winning-scientist-dies/ Nobel Prize winning scientist dies] Scottish TV-News 2010-3-22</ref>。{{没年齢|1924|6|14|2010|3|22}}。
 
== 受賞歴 ==
*[[1983年]] [[シェーレ賞]]
*1988年 ノーベル生理学・医学賞
*[[2004年]] [[ロイヤル・メダル]]
 
== 脚註 ==
{{pharm-stub}}
[[Category:イギリスの薬理学者]]
[[Category:スコットランドの医師]]
[[Category:ノーベル生理学・医学賞受賞者]]
[[Category:イギリスのノーベル賞受賞者]]
[[Category:ウルフ賞医学部門受賞者]]
[[Category:ロイヤル・メダル受賞者]]
[[Category:メリット勲章]]
[[Category:ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの教員]]
[[Category:マラヤ大学の教員]]
[[Category:キングス・カレッジ・ロンドンの教員]]
[[Category:グラスゴー大学の教員]]
[[Category:マラヤ大学の教員]]
[[Category:スコットランドの医師]]
[[Category:サウス・ラナークシャー出身の人物]]
[[Category:1924年生]]