「甘夫人」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 生涯 ==
[[194年]]、劉備が豫州[[刺史]]として小沛に移住したころ、側室となった。当時の正妻が{{仮リンク|糜夫人|zh|麋夫人}}([[糜竺]]・[[糜芳]]の妹)であり、甘夫人は身分の低さから側室のままであったが、最も長く連れ添っていたので、彼女が奥向きのことを取り仕切っていた。稗史においては美貌をもっていたと記述されている。
 
[[207年]]、劉備に従って[[荊州]]に赴き、そこで劉禅を生んだ。[[208年]]、[[曹操]]の軍勢が南下し、当陽の[[長坂の戦い|長坂]]で追いつかれると、劉備は甘夫人と幼い劉禅を置き去りにし、逃走した。このとき[[趙雲]]が劉禅を抱き、甘夫人を保護したため難を免れた。しかし甘夫人は間もなく亡くなり、荊州南郡に埋葬された。
匿名利用者