「旋光」の版間の差分

→‎ラセミ体: ラセミ体のリンク化と参照の表示
(→‎比旋光度: 話し言葉から書き言葉への修正と、式の新たな追加)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
(→‎ラセミ体: ラセミ体のリンク化と参照の表示)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
==ラセミ体==
{{Main|ラセミ体}}
[[エナンチオマー]]同士は平面偏光を同じ大きさだけ逆方向に回転させる(この違いを符号で表す)。したがって1:1のエナンチオマーの混合物は旋光性を示さないため光学不活性といえる。このような等量混合物を'''[[ラセミ体]]'''(racemate)あるいは'''ラセミ混合物'''(racemic mixture)という。
 
かつて{{いつ|date=2013年2月7日 (木) 02:18 (UTC)}}は個々の結晶がどちらか一方のエナンチオマーから成るラセミ体の結晶(現在では'''コングロメレート'''(conglomerate)と呼ぶ)のことを「ラセミ混合物」と呼んだが、現在では「ラセミ混合物」は「ラセミ体」と同じ意味で使われる。なお、個々の結晶が等モルのエナンチオマー対の分子化合物からなるラセミ体の結晶をコングロメレートと区別して'''ラセミ化合物'''(racemic compound、昔はracemateとも)と呼ぶ。