「穂積虫麻呂」の版間の差分

編集の要約なし
'''穂積 虫麻呂'''(ほづみ の むしまろ、[[生没年不詳]])は、[[飛鳥時代]]の人物。[[カバネ|姓]]は[[臣]]、のち[[朝臣]]。[[穂積百足]]の子とされる。[[冠位]]は[[直広肆]]。
 
虫麻呂は天武13年([[684年]])11月に、一族の稲足、[[穂積濃美麻呂|濃美麻呂]]らとともに[[八色の姓]]制定に伴い新たに穂積朝臣姓を賜った。[[朱鳥]]元年([[686年]])正月には[[新羅使]]・[[金智祥]]を饗するため[[筑紫国]]に遣わされた。このときの[[冠位]]は[[直広肆]]であった。同年9月29日には、[[天武天皇]]の[[殯庭]]に諸[[国司]]の事を[[奏上]]した。
== 参考文献 ==
* 鈴木淳介『穂積姓鈴木氏 - 紀州徳川二七〇年鈴木家系譜』1982年
* [[宝賀寿男]]『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会、1986年
 
 
{{Japanese-history-stub|ほつみのむしまろ}}
[[Category:飛鳥時代の人物]]
[[Category:穂積氏|むしまろ]]
[[Category:没年不]]