「ブランドン・リオス」の版間の差分

編集の要約なし
2015年2月10日、WBOは最新ランキングを発表し、上述のアルバラード戦の勝利が評価され、リオスはWBO世界ウェルター級3位にランクインすると共にWBOの2015年2月度の月間MVPに選出された<ref>[http://www.wboboxing.com/wp-content/uploads/2015/03/1502-WBO-Ranking-as-of-February-Sheet1.pdf WBO RANKING FEBRUARY 2015] [http://www.wboboxing.com/ WBO公式サイト] 2015年2月10日</ref><ref>[http://boxingnews.jp/news/22777/ 小原佳太が4.13登場、3.1韓国興行は中止に] Boxing News(ボクシングニュース) 2015年2月15日</ref>。
 
2015年11月7日、ラスベガスの[[トーマス&マック・センター]]でWBO世界ウェルター級王者[[ティモシー・ブラッドリー]]と対戦し9回に2度ダウンを奪われ9回2分49秒TKO負けを喫し2階級制覇に失敗した<ref>[http://boxingnews.jp/news/31683/ ブラッドリーがリオスをTKO、WBOウェルター級防衛] Boxing News(ボクシングニュース) 2015年11月8日</ref>
 
 
== 獲得タイトル ==
11,281

回編集