「心意六合拳」の版間の差分

編集の要約なし
その技法内容は、十大形(龍形拳、虎形拳、猴形拳、馬形拳、鶏形拳、鷂形拳、燕形拳、蛇形拳、鷹形拳、熊形拳)と称される十種類の動物の象形と意を表した単式拳と、[[四把捶]]などの数種の[[套路]](伝承されている套路は四把捶のみという派も多い。)、槍術、大型のヌンチャクである[[長梢子棍]]・二節棍などの武器術などから構成されている。同じ回族系拳法の[[八極拳]]と同様に強大な[[発勁]]で知られる拳である。心意六合の「六合」とは、「心と意・意と気・気と力」からなる'''内三合'''と「手と足・肘と膝・肩と股」からなる'''外三合'''を合わせたものである。
 
心意拳を大別すると、河南省伝来の回族に起源のある派を'''心意六合拳'''と呼び、[[山西省]]の漢族に起源のある派を'''六合心意拳'''と呼ぶ。両者は伝承する民族の特徴・思想的・宗教的差異を武術に反映し、お互いが独自に発達した為、現代では技法体系に相違する部分も多数あるが、共にそのルーツは山西省出身の武術家の[[姫際可]]が創始した心意拳に由来するとされる{{誰2|date=2011-7}}。姫は心意拳の創始後、次なる優れた伝承者を探して失伝することも厭わず国内広くを探し求めたが、姫の技を継承出来た者は河南省[[洛陽]]在住の高級官僚であった[[曹継武]]ただ一人であった。心意拳はこの曹から回族の[[馬学礼]]と、漢族の[[戴龍邦]]のふたりに伝えられ、それぞれが現在に伝わる心意六合拳と六合心意拳へと独自に発展していった。
 
==他門派への影響==
2,810

回編集