「マ・メール・ロワ」の版間の差分

(→‎ピアノ連弾版: 仮リンク化)
; 第4曲 美女と野獣の対話(''Les entretiens de la belle et de la bête'')
:3/4拍子 Mouvt de Valse tres modere(とても中庸なワルツのリズムで)
:{{仮リンク|マリー・ルプランス・ド・ボーモン|eJeanneen|Jeanne-Marie Leprince de Beaumont}}(1711年 - 1780年)の『子供の雑誌、道徳的な物語』からの「[[美女と野獣]]」に基づく。
:評論家[[ロラン・マニュエル]]は、[[エリック・サティ]]の「[[ジムノペディ]]」の影響を指摘している<ref>アービー・オレンシュタイン、井上さつき訳『ラヴェル 生涯と作品』音楽之友社、2006年、219ページ</ref>。
; 第5曲 妖精の園(''Le jardin féerique'')