「信仰主義」の版間の差分

m
(en:Fideism(13:59, 15 June 2015‎ UTC)の一部を翻訳)
m (Category:宗教の認識論を追加 (HotCat使用))
'''信仰主義''' は、[[信仰]]は[[理性]]から独立したものである、という[[認識論]]の学説である。信仰と理性は相反するものであり、特定の真実にたどり着くためには信仰の方が重要であると主張される。{{Sfn | Amesbury | 2005}}
 
[[神学者]]や[[哲学者]]は、[[形而上学]]的な事柄、[[道徳]]、[[宗教]]的[[信念]]の[[真実]]を捉える際に、様々な方法で信仰と理性を考察してきたが、信仰主義は一般的に次の四人の哲学者に帰するとされる。 それはすなわち、[[ブレーズ・パスカル|パスカル]]、[[セーレン・キェルケゴール]]、[[ウィリアム・ジェームズ]]、[[ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン]]である。信仰主義は反対論者によって否定的なイメージを付されることがあり、また、信仰主義にも多くの形態があるので、ある形態の信仰主義が必ずしも支持されるわけではない。 {{Sfn | Amesbury | 2005 | loc = [http://plato.stanford.edu/entries/fideism/#2.2 section 2.2]}} <ref name = Quinn2000>{{Citation | editor-last = Quinn | editor-first = Philip L | last = Taliaferro | first = Charles | year = 2000 | title = A companion to philosophy of religion | page = 376 | url = http://books.google.com/?id=9X-3sPj9m34C&pg=PA376 | isbn = 0-631-21328-7 | publisher = Blackwell | location = Malden, MA}}</ref>
 
== 参考文献 ==
 
{{substub}}
 
{{デフォルトソート:しんこいしゆき}}
[[Category:宗教の認識論]]