「友野詳」の版間の差分

編集の要約なし
各種ゲームイベント等では独自のサービス精神を発揮することが多い。[[ジャパン・ゲーム・コンベンション|JGC]]1997においては[[突撃!ヒューマン]]のパロディである『執筆戦士ショウブレード』なるキャラクターを誕生させ、変身ポーズを作るなどして自ら実演した。2000年代に入ってからはJGCなどイベントの閉会式でTRPGの起源に関するホラを吹くトークを披露するのが通例であり、2007年は[[ウィリアム・シェイクスピア]]、[[松尾芭蕉]]の[[奥の細道]]、2008年は[[アトランティス|アトランティス文明]]・[[ムー大陸|ムー文明]]などがネタにされた。[[2009年]]のJGC2009では『製紙法・羅針盤・火薬は全てゲームのために開発された』、『ニュートンは机からダイスが落ちるのを見て万有引力の法則を発見した、アインシュタインはダイスレスTRPGを発明した』といったトークを[[仮面ライダーW]]、[[ナイトウィザード]]のパロディとも絡めて披露した。
 
[[1997年]]、[[毎日放送]]の[[ラジオ番組]]『[[グーチョキパー アニゲでポン]]』内のコーナー「友野詳の電撃大将」にレギュラー出演。1990年代後期以降、『ドラゴンマーク』シリーズを手がけ、『[[ゲヘナ (TRPG)|ゲヘナ]]~アナスタシス~』や『妖怪コロキューブ』に監修・リプレイ執筆などで関わっている。
 
== 作品 ==
** たった一つの冴えないやり方
* [[グレートロード 祥星少女リクの冒険]]([[朝日ノベルズ]])
* 容赦なしっ!―ディープナイト・ランニング ([[角川スニーカー文庫]])
* ジョウスト! ([[集英社みらい文庫]])
** 空をつらぬけ
*クレイとフィンと願いの手紙(MF文庫J)
*あやかし秘帖千槍組 ([[廣済堂文庫]])
*弧兵衛、推参る からくり隠密影成敗(こへえ、まいる)([[富士見新時代小説文庫]]、2014年4月
**弧兵衛、推参る(こへえ、まいる)
**弧兵衛、策謀む (こへえ、たくらむ)
*風穴屋旋次郎([[招き猫文庫]])
 
=== テーブルトークRPG ===
匿名利用者